大阪大学 21世紀懐徳堂

イベント情報

第145回懐徳堂秋季講座 「大阪の世界遺産を学びつくす―百舌鳥・古市古墳群」

  • 受付終了
  • 開催終了

開催日時

2023年11月26日(日) 13時30分から16時30分まで

文化・芸術

タップで拡大

2019年7月、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」がユネスコ世界文化遺産に登録されました。エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶような巨大古墳が点在しており、日本古代国家の成立を解き明かす上でかけがえのない遺産です。この講座では、現地の発掘調査に長く携わる研究者と、古墳研究の第一人者による講演を通じて、最新の研究成果を徹底的に学んでいただくことができます。きっと、現地に足を運びたくなるでしょう。

日時
2023年11月26日(日) 13時30分から16時30分まで
会場
大阪大学中之島センター10階佐治敬三メモリアルホール
定員
140名

申し込み期限
2023年11月22日(水)
申し込み窓口
https://select-type.com/e/?id=yO4gLUQLkSE
問い合わせ先
一般財団法人 懐徳堂記念会事務局 06-6843-4830(平日10:00~17:00 ※12:00~13:00除く)

【第一部】13時30分~14時45分

伊藤聖浩(羽曳野市教育委員会)「世界遺産の古墳を探訪してみよう-古市古墳群を中心として-」 大阪初の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群-古代日本の墳墓群-」は、「百舌鳥」と「古市」の2つのエリアに分かれています。その一つの「古市エリア」とされる古市古墳群には、おおよそ4キロメートル四方の範囲に、巨大前方後円墳「応神天皇陵古墳」をはじめ、さまざまな規模と形状の古墳が集中して存在しています。古市古墳群の歴史的意義を考える上で手掛かりとなった、いくつかの古墳の発掘調査成果を「探訪」してみたいと思います。

【第二部】15時~16時15分

福永伸哉(大阪大学教授)「百舌鳥・古市古墳群と世界の墳丘墓」 2019年に世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群。日本に15万基以上もある古墳の中で、この古墳群がなぜその「代表」といえるのか。世界の墳丘墓と比較したとき、日本の古墳はどんな特徴を持っているのか。そして、それを生み出した日本のユニークな国の成り立ちをどう考えるか。百舌鳥・古市古墳群をめぐるさまざまな論点に、人類史的な視点を踏まえながら迫ります。

●受講料:会場参加 2,000円(記念会賛助会員無料) 後日の録画視聴のみ 1,000円 ※記念会賛助会員とは、法人会員および個人賛助会員(年会費10,000円)の方です。 ※お支払いには、「クレジットカード決済」「コンビニ支払い」「ゆうちょ銀行へのお振込み」が利用できます(要事前決済)。原則として、当日支払いは受け付けておりません。また、一度お支払いいただいた受料は返金できません。 ※「後日の録画視聴のみ」でお申込みされた方の当日会場参加への切り替えは、席に余裕がある場合に受け付けいたします。その際、差額(1,000円)のお支払いをお願いいたします。また、「会場参加」でお申込みの方が当日の参加をキャンセルした場合、または「後日の録画視聴」に切り替えた場合でも、差額の返金はいたしかねます。あらかじめご了承ください。 ※後日配信する録画は、会場での対面開催を前提とした講演の録画となります。音声が聞き取りにくい箇所や、映像が乱れる瞬間が生じる場合があります。映像の質を完全に保証することはできかねますので、「録画視聴のみ」をお申込みの際は、その点をご了承の上でお願いいたします。
●開催方法:中之島センターでの対面開催(後日録画配信あり) ※会場:大阪大学中之島センター(〒530-0005大阪市北区中之島4丁目3-53) ※会場での講演は録画し、後日期間限定で配信します。会場参加の受講生は自動的に視聴対象者となりますが、メールアドレスを事前にご登録いただく必要があります。視聴ご希望の方は、お申込み時に必ずメールアドレスをご登録ください。
●申込締切:2023年11月22日(水)正午 ※先着140名まで。定員に達し次第、受付を締め切ります。キャンセル受付も同日までとなります。

【諸注意】

・ご入力情報にお間違いがないようにお願いします。特に、メールアドレスが間違っていると受講できませんので、記念会からのメールが確実に受信できるものでお申込みください。 ・お申込み完了後、1週間以上経過しても記念会からのご案内が届かない場合には、迷惑メールフォルダや受信設定を先に確認してから、事務局までご連絡ください。

Copyright © 2008-2023 Osaka University. All Rights Reserved.