21世紀懐徳堂とは

社学共創の未来のために
21世紀懐徳堂学主  永田 靖

学主写真(永田靖)大阪大学21世紀懐徳堂は、大阪大学の社学共創の拠点として活動しております。大阪大学では多様な学問領域において、様々な研究と教育を活発に展開されておりますが、大学の学問的成果や文化的資源を広く社会に還元していくこともまた、課せられた使命と考えております。

社会に還元することとは、単に一方向的に学問知を市民に伝達することではありません。社会で生じた問題や課題について研究し、その課題解決への道筋を社会とともに探し求めることでもあります。

社会と繋がりを持ち、社会の声を聞き、その課題について、研究を通して向き合っていく、そのような社会とともにある知の循環を進めて行くことが重要です。地域連携という言葉に加えて、社学共創という言葉を私たちがしばしば用いるのはそのような期待を込めているわけです。

大阪大学は、享保9年(1724年)に大坂商人たちによって創設された私塾「懐徳堂」の精神を戴いています。市民であれば身分に関係なく学ぶことのできたこの懐徳堂は、この点で大阪大学の社学共創活動の精神を先取りしています。これからも21世紀懐徳堂は、現代の懐徳堂として、地域や社会と相互に学び合う場を生み、市民の皆さまと大阪大学とを結ぶ活動を進めて行きたいと考えております

事業概要

大阪大学21世紀懐徳堂は、市民と大阪大学をつなぐ社学共創や社会貢献活動の窓口です。大阪大学の高度な研究と教育の成果、文化的資源を広く社会に還元し、また、学外からの要望を受け、大学のさまざまな活動に反映させるコーディネータの役割を果たします。

大阪大学の社学共創の情報を集約し広報するとともに、大阪大学の精神的源流のひとつである「懐徳堂」で尊重された広範な分野にわたる学び合いの精神を汲み、公開講座、サイエンスカフェ、シンポジウムなどを企画・運営し、市民のみなさんと学生、教職員が出会い、能動的に学び合う場づくりを展開しています。

21世紀懐徳堂 年次活動報告書

2018年度 活動報告書 (PDF/11.4MB)

2017年度 活動報告書 (PDF/20.3MB)

2016年度 活動報告書 (PDF/9.4MB)

2015年度 活動報告書(PDF/11.7MB)

2014年度 活動報告書(PDF/6.16MB)

2013年度 活動報告書 (PDF/7.2MB)

2012年度 活動報告書 (PDF/6.54MB)

2011 年度 活動報告書 (PDF/9.55MB)

2010年度 活動報告書 (PDF/12.1MB)

21世紀懐徳堂の施設の紹介(豊中キャンパス内)

◆スタジオ

小演劇、ダンス、音楽会、朗読会、各種ワークショップ等に活用できるスタジオ(140㎡、最大80名収容)を、ギャラリーの隣に併設しています。 21世紀懐徳堂の独自企画事業を展開するほか、本学関係者による社学連携のイベント等に活用できます。

21世紀懐徳堂メールマガジン

市民の方を対象とした各種講座やシンポジウム・イベントなど、大阪大学の催し(社学連携事業)案内を、21世紀懐徳堂がメールでお届けします。

メールマガジンの配信をご希望の方は こちら からご登録ください。

講師派遣希望の方へ

大阪大学研究者による出前授業・出張講義を希望される自治体・公民館・生涯学習センターや小中高校関係者の方へ


大阪大学は多くの分野で幅広く研究を行っています。特定の研究内容、研究成果をわかりやすく話してほしい、研究者に出前授業をしてほしいなどのご希望がございましたら、 講師派遣希望内容確認書(Word) により希望の内容をお知らせください。

大阪大学の教員とその研究内容は、 大阪大学研究者総覧 でご覧いただけます。
話をお聞きになりたい研究分野や、講座を希望されるテーマをキーワードとして、教員を検索することもできます。

なお、講師派遣終了後は 講師派遣実施報告書(Word) の提出をお願いしています。

ご相談、お問合せはoffice★21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp(★を@に変えてください)までメールにてご連絡ください。

21世紀懐徳堂

ページトップへ