大阪大学 21世紀懐徳堂

21世紀懐徳堂とは

大阪大学の精神的源流は2つあります。ひとつが緒方洪庵の「適塾」であり、もうひとつが、大坂の商人たちが身分の枠を超えて 学問を通じ自己研鑽することをめざして1724年に創設した学問所である「懐徳堂」です。「21世紀懐徳堂」は、懐徳堂の志を受け継ぎ、市民と共に学ぶ場、知のネットワークの拠点となるべく2008年に創設されました。

大阪大学(OU)は、教育研究活動の成果を大学から社会に還元するとともに、社会と共に考える中で新たな課題を発見し教育研究の場に持ち帰り、さらなる社会の発展に貢献する成果を生み出すことをめざしています。この循環の輪である「OUエコシステム」の一翼を担うべく、21世紀懐徳堂は、本学の教育研究活動の成果を社会へ伝えるアウトリーチ活動を基盤とし、社会の中で市民と共に考える社学共創の営みを通じて生きがいを育む社会を創っていきます。

                   

学主ご挨拶

泉谷 八千代
大阪大学21世紀懐徳堂学主 泉谷 八千代 Izutani, Yachiyo

大阪大学の精神的源流のひとつである「懐徳堂」の理念を引き継いで2008年に創設された「21世紀懐徳堂」は、その気概を繋ぎ、市民と共に学ぶ「知のネットワーク」の拠点として活動を続けています。
本学の教育研究活動の成果を社会へ伝えるアウトリーチ活動を基盤に、さらに社会の中で市民と共に考える社学共創の営みを通じて、21世紀懐徳堂は「生きがいを育む社会」を創っていきます。

一つの例を挙げます。主要な活動である「大阪大学公開講座」は、決して一方向の講義でなく、参加者との対話を通じ共に考え、新たな課題を見いだし、次の教育・研究の創設へと結びつける場としています。まさに「社会の共創(Co-creation)」を通じ、大阪大学のモットーである「地域に生き世界に伸びる」大学を目指して活動を展開しています。

これからも社会の皆さまと共に歩んでまいりますので、どうぞ一層のご理解とご協力をいただきたく存じます。

構成員

  • 嶋谷 泰典
    大阪大学21世紀懐徳堂副学主
    /特任教授
    嶋谷 泰典 Shimatani, Yasunori
  • 木ノ下 智恵子
    准教授 木ノ下 智恵子 Kinoshita, Chieko
  • 上林 梓
    特任研究員(常勤) 上林 梓 Uebayashi, Azusa
  • 瀬島 梨奈
    特任事務職員 瀬島 梨奈 Sejima, Rina

運営委員

兼任教員

Copyright © 2008-2023 Osaka University. All Rights Reserved.