大阪大学 21世紀懐徳堂

イベント情報

大阪大学総合学術博物館 第25回企画展

  • 受付終了
  • 開催終了

開催日時

2023年10月25日(水)から2024年2月17日(土)まで

文化・芸術

タップで拡大

大阪大学総合学術博物館は、路上で宣伝を行うちんどん屋をテーマに、その歴史や宣伝に用いられる芸の魅力を紹介する展覧会を2023年10月25日(水)~2024年2月17日(土)の会期で開催します。
日時
2023年10月25日(水)から2024年2月17日(土)
会場
大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 3F多目的室
主催
大阪大学総合学術博物館、大阪大学中之島芸術センター
後援等
【協力】大阪大学大学院人文学研究科、ちんどん通信社 (有)東西屋
問い合わせ先
大阪大学総合学術博物館
https://www.museum.osaka-u.ac.jp/about/inquiry/

詳細

大阪大学総合学術博物館 第25回企画展 ちんどん屋 ―宣伝・広告に活きるハブ(集積/中継/交流)芸能―

ちんどん屋は、扮装をし、歌舞音曲や口上などを用いて、各種の宣伝をすることを生業としています。ちんどん屋が広告の際に用いる芸は、音楽に限らず、語り芸の口調や伝統的な芸能の仕草、時と場合に合わせた衣装など、多種多様です。それらの芸は、過去のちんどん屋から受け継いだものに加え、新しい芸も取り入れるなど、時空を超えた蓄積があります。人々の耳目を集めるため、あるいは気を引くために活用される芸は、ちんどん屋を軸として、芸能の領域を超えて交わり、過去の芸を未来へとつないでいるといえるでしょう。ちんどん屋の芸は各種芸能の時代や種類を問わず集め、交わらせ、繋ぐ、ハブ的な芸といえるのではないでしょうか。現代においても日本各地や海外などで活躍しているちんどん屋は、私たちの郷愁の中だけでなく生活の中に生きています。

本展覧会では、ハブ芸能としてのちんどん屋の歴史や芸能、交流やコミュニケーション方法など様々な魅力を紹介します。

チラシPDF

【展覧会概要】

【期間】 2023年10月25日(水)~2024年2月17日(土)
【開館】 10:30~17:00(入館は16:30まで) 日曜・祝日休館 ※入館無料
【会場】 大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 3F多目的室
【主催】 大阪大学総合学術博物館、大阪大学中之島芸術センター
【協力】 大阪大学大学院人文学研究科、ちんどん通信社 (有)東西屋

【展覧会構成と主な展示作品】

1 ちんどん屋とは
2 楽隊広告
3 ちんどん屋の芸
4 ちんどん屋のこれから

ちんどん太鼓

獅子頭

第一回全国ちんどん博覧会公式ガイドブック

販売所新規開店披露の折の楽隊広告(大阪麦酒の頃)
(アサヒグループジャパン所蔵)

この記事をSNSでシェア

Copyright © 2008-2023 Osaka University. All Rights Reserved.