コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > ニュース一覧 > 2018 > 大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座「歯医者と学ぶ!むし歯の世界」を開講しました。

大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座「歯医者と学ぶ!むし歯の世界」を開講しました。

2018年8月7日(火)に開催された「歯医者と学ぶ!むし歯の世界」の開催レポートです。21世紀懐徳堂の学生スタッフ、浅川が執筆しました。

 

大阪市営地下鉄淀屋橋駅から徒歩すぐの「淀屋橋odona」。ここには、大阪市が運営する「アイ・スポット」があり、大阪大学21世紀懐徳堂と大阪市都市計画局の主催による講座が定期的に行われています。今回は、2018年8月7日に開催された、大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座「歯医者と学ぶ!むし歯の世界」の開催レポートです。21世紀懐徳堂の学生スタッフ、浅川が執筆しました。

 

「夏休みは親子でi-spot講座」。最終回となった今回は「歯医者と学ぶ!むし歯の世界」というテーマで、大阪大学大学院歯学研究科小児歯科学教室助教の鋸屋侑布子先生にお話しをしていただきました。

 

まずは、鋸屋先生からむし歯ができるメカニズムついて、講義がありました。

 

鋸屋先生 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の講座を担当していただいた鋸屋侑布子先生

 

一般にむし歯と聞くと、黒くて大きな穴の開いた歯を想像しますよね。ですが、健康な歯が急にむし歯になることはなく、少しずつ、段階的にむし歯は進行していくそうです。

 

このうちむし歯初期と言われる、歯の表面が溶け始め(脱灰)、歯に穴は開いていないものの歯の表面の透明感が失われてくる初期むし歯、脱灰が進み、実際にエナメル質と言う歯の表層にのみ穴が開き始める程度であれば、歯を削るなどの治療を行う必要はなく、フッ素という歯の再石灰化を促す薬を塗ったり、歯みがきやおやつの習慣に気をつけることで、治療が必要なむし歯に進行するのを防ぐことができます。

 

問題は実際にむし歯が進行して、穴が深くなってきた場合です。この場合、基本的に歯を削って、詰めたり被せたりといった「大がかり」な治療が必要になります。

 

歯は、上から順にエナメル質・象牙質・歯髄(神経と血管)という三層構造をしています。むし歯が象牙質に到達すると冷たいものがしみ始めます。歯髄まで到達すると、神経に直接刺激がいってしまうので、もはや何もしていなくても痛みが生じます。ここで治療をしないと、最後は歯茎より上の部分(歯冠)がむし歯によって全て溶かされてしまい、歯の根っこだけの状態になってしまいます。ここまで状況が悪化すると、すでに歯の神経が死んでしまっているので、もはや痛みを感じないそうですが、他の健康な歯を守るためにも結局は歯を抜いて装置を入れるなどの「大がかり」な治療が必要になるとのことでした。

 

さて、ここで講義は小休憩。ここからは歯の模型を使って、実際にむし歯治療を体験します。

 

使うのは次の道具。どれも、実際に歯科医さんが現場で使っているものを、今回は特別に使用させていただきました。

 

鋸屋先生 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


上からピンセット、エキスカベータ、練成充填機、エキスプローラ。

 

今回のむし歯の治療は次のような工程で行いました。

 

まずは、むし歯を削り取ります。今回の体験では、先生が予め歯の模型の中に入れていた黒い詰め物をむし歯として、エキスカベータというスプーンのような器具を使って削り取りました。

 

鋸屋先生 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むし歯が完全に除去された後は、詰め物をする工程に入ります。ボンティングと呼ばれる接着剤をむし歯を取った後の歯の表面に塗り、照射器を使って紫外線をあてます。

鋸屋先生 4

鋸屋先生 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、レジンと呼ばれる詰め物で歯の穴を埋めます。埋めた後は、先ほどと同様に照射器を使って詰め物を固めます。これで、むし歯の治療は完了です。

 

これまでは「むし歯になってから」の話でしたが、ここからは「むし歯にならないために」、つまり予防の話に移ります。

 

小学生にとって、今は夏休み真っ盛り。いつもは学校にいる時間でも、家にいるとつい、おやつに手が伸びてしまいがちです。ただし、そんなおやつも、食べ方次第でむし歯のリスクを抑えることが出来るそうです。では、どんな食べ方が良いのでしょうか?

 

先生によると、同じ量を食べる場合、おやつは小分けにして何回も食べるのではなく、一度にまとめて短時間で食べる方がむし歯の予防には良いそうです。と言うのも、口腔内というのは通常中性の状態で、歯が溶けることはありません。ですが、何かものを食べると、ミュータンス菌(むし歯菌)が糖分をエサにして酸を作り出し、口腔内が酸性に傾くことで歯の表面が溶け始めてしまいます(脱灰)。その後、一定時間を過ぎると口腔内は中性に戻り、むし歯になりにくい環境が復活し、脱灰した歯の表面が再石灰化します。つまり、食事の回数が多くなることは、同時に脱灰しやすい時間を長引かせ、結果的にむし歯になりやすい時間帯を長くしてしまうのです。そのため、「おやつを食べるなら、まとめて短時間で」という食べ方がむし歯の予防に効果があるとのことでした。

 

さて、講義も終盤戦。むし歯予防と言えば「歯みがき」ということで、最後の体験は正しい歯みがき講座です。まずは1分間、赤色の染料で着色した歯の模型を使って、参加者のみなさんに思い思いの方法で歯(模型)磨きをしてもらいました。

鋸屋先生 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まだまだ汚れは落ちきっていない様子です。

 

次は、時間無制限で思う存分、綺麗に歯みがきをしてもらいました。

鋸屋先生 7 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めは、大きく毛先を動かしていた皆さんも、時間をかけるにつれ、正しい歯みがきの方法を察したようで、細かく速く磨くようになりました。なお、先生によると、だいたい歯2個分の範囲に歯ブラシの毛先をあて、細かく動かすと汚れがしっかり落ちる「正しい歯みがき」になるそうです。また、磨く歯の順番も、ばらばらではなく、左→右、上→下、前→後ろなど順番を決めて磨くと、磨き残しが減り、むし歯になりにくいとのことでした。

 

以上で、講義の本編は終了。最後は質疑応答タイムです。

 

現場で活躍されている歯科医さんの講座ということもあり、10分ほどの時間に「歯みがきした後のうがいは短いほうがいいの?」「歯ブラシの大きさ、かたさは?」など参加者さんから数多くの質問が出てきて、「歯」に対する関心の高さを改めて感じさせられました。

 

むし歯になりやすい夏休みだからこそ、毎日しっかり歯みがきをして、綺麗で健康な歯を守っていきたいですね。

 

(文責:大阪大学21世紀懐徳堂 浅川) 

ドキュメントアクション
イベントカレンダー
前月へ
201811
次月へ
11月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学共創DAY@EXPOCITY
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
大阪大学21世紀懐徳堂
〒560-0043
 大阪府豊中市待兼山町1-13 大阪大学会館1F
  TEL: 06-6850-6443
 FAX: 06-6850-6449