コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > ニュース一覧 > 2018 > 「待兼山PRESS」を発行しました!

「待兼山PRESS」を発行しました!

豊中市・待兼山の「お宝」を紹介するフリーペーパー「待兼山PRESS」を発行しました。

 

待兼山は千里丘陵の標高77.3mの小さな山。

でもそこには、研究者が愛してやまない宝の数々がざっくざく。

玉手箱の案内人、研究者その人だって、大阪大学が誇る宝なのです。

さあ、特別なイベントでしか見ることのできないお宝を、誌上公開しちゃいましょう!

 

======= 待兼山PRESS目次 =======

特集 お宝発見!「待兼山玉手箱」

・湯川秀樹博士の黒板:橋本幸士(大阪大学大学院理学研究科教授)

  (report)湯川秀樹博士愛用の黒板でアートとサイエンスを語ろう

・ベーゼンドルファー1920:伊東信宏(大阪大学大学院文学研究科教授)

  (report)第21回コレギウム・ムジクム「ベーゼンドルファー1920を囲んで」

・月の石:寺田健太郎(大阪大学大学院理学研究科教授)

・ジェミノイド:石黒浩(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)

・理学館ロビーの不思議を探索せよ:佐伯和人(大阪大学大学院理学研究科准教授)

・ライオン型自動手指消毒:松村真宏(大阪大学大学院経済学研究科教授)

・扶氏医戒之略:松永和浩(大阪大学共創機構社学共創本部准教授)

・宮本又次の絵:鈴木敦子(大阪大学大学院経済学研究科助手)

・65年ぶりに発見された戦争遺跡

・待兼山MAP

=======================

※「待兼山PRESS」は、平成30年度豊中魅力アップ助成金交付事業として作成しました。

発  行:大阪大学21世紀懐徳堂

編集協力:株式会社エトレ

 

ダウンロードはこちらから(6.9MB)

 

 

 

2017年度発行の待兼山PRESSは、→こちらをクリック。

 

 

ドキュメントアクション