大阪大学・ニコンイメージングセンター シリーズセミナー 第8回 「ラマン散乱顕微鏡によるバイオイメージング」

  • 要申込
  • place 吹田キャンパス
  • その他
大阪大学・ニコンイメージングセンター シリーズセミナー 第8回 「ラマン散乱顕微鏡によるバイオイメージング」

2022年5月31日 シリーズセミナー 第8回 「ラマン散乱顕微鏡によるバイオイメージング~細胞分析から小分子観察まで~」 本センターは、世界で初めての“生体イメージング”にフォーカスした本格的なイメージング施設です。様々なイメージング研究にふれる機会をご紹介するため、生体イメージング研究で活躍する研究者による「大阪大学・ニコンイメージングセンター シリーズセミナー」を開催いたします。 第8回は、大阪大学・工学研究科 藤田 克昌 教授 のセミナーです。 オンライン参加も可能です。皆様のご参加をお待ちしております。

カテゴリ その他
日時 2022年5月31日(火) 16時00分から17時00分
会場 大阪大学・ニコンイメージングセンター(大阪大学医学系研究科 臨床研究棟 L階) オンライン参加あり
申し込み期限 2022年5月31日(火)
申し込み窓口 https://handai-nic.com/info/seminar/1281/
問い合わせ先 株式会社ニコンソリューションズ バイオサイエンス営業本部 TEL:06-6816-8749

大阪大学・ニコンイメージングセンターシリーズセミナー 第8回「ラマン散乱顕微鏡によるバイオイメージング~細胞分析から小分子観察まで~」

2022531日シリーズセミナー第8回「ラマン散乱顕微鏡によるバイオイメージング~細胞分析から小分子観察まで~」本センターは、世界で初めての“生体イメージング”にフォーカスした本格的なイメージング施設です。様々なイメージング研究にふれる機会をご紹介するため、生体イメージング研究で活躍する研究者による「大阪大学・ニコンイメージングセンター シリーズセミナー」を開催いたします。
8回は、大阪大学・大学院工学研究科 藤田 克昌 教授 のセミナーです。オンライン参加も可能です。皆様のご参加をお待ちしております。
  
【概要】ラマン散乱分光は分子の振動を検出でき、試料内の分子組成の情報を与える。ラマン散乱は微弱な光学効果のため顕微イメージングへの利用が困難であったが、最近の光学技術の進展により細胞や生体組織の観察への利用が進み、新しいイメージングモダリティとして認識されつつある。本講演ではラマン散乱顕微鏡の原理と、それを利用した無標識での細胞/生体組織観察および、従来の蛍光法では困難であった小分子観察への応用について紹介する。
 
【演 者】:大阪大学・大学院工学研究科 藤田 克昌 教授 

【場所詳細名】 :大阪大学・ニコンイメージングセンター(大阪大学医学系研究科 臨床研究棟 L階) 

【場所詳細リンク】:→URL   

申込方法】 

<会場参加お申込み>
件名に「シリーズセミナー第8回 参加希望」と明記の上、本文にご所属、お氏名を記載いただき、こちらのメール宛にお申し込みください。 →お申込メールアドレス:register@handai-nic.com 
<オンライン参加> 下記のウェビナー申込フォームより、必要事項をご記入の上、参加登録をお願いします。
URL

申込開始日時 :2022/5/24~2022/5/31

チラシはこちら→PDF

【本セミナーに関する連絡先】 
問合せ担当 :株式会社ニコンソリューションズ バイオサイエンス営業本部
問合せ担当E-mail :Nsl-bio.Marketing@nikon.com
問合せ担当Tel :06-6816-8749

ページトップへ