“Let’s Take Action”大阪大学SDGs シンポジウム

  • place その他
  • その他
“Let’s Take Action”大阪大学SDGs シンポジウム

この度、大阪大学グローバル・イニシアティブ機構では、「SDGs国際学生交流プログラム2022」を開催することとなりました。学生同士、専門家、卒業生、及びその他のゲストスピーカーから、地域や世界の課題について学ぶための4つのセッションを実施します。 私たちの住む地球では、気候変動、自然災害、感染症、紛争などの様々な地球規模の問題が経済・環境および社会に深刻な影響をもたらしています。さらに、急速に進む都市化や高齢化など、新たに顕在化した課題もあります。こうした社会課題に対応するため、国連総会において17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げられました。 では、SDGsの目標達成に向けて、私たちは社会問題の解決にどう貢献できるでしょうか?大きな変革が早々と現れないけれど、今いる場所から自分の考えを仲間に伝え、地域や社会そして世界を変えるための行動を始めませんか。このプログラムはSDGsの講義、公開シンポジウム、動画コンテスト、学生フォーラムなどのイベントを通じて、皆さんの問題意識やアイデアを世界の同世代と共有し、一緒に前進するための企画です。大阪大学と海外パートナ大学の学生の参加を歓迎します。

カテゴリ その他
日時 2022年8月29日(月) 14時00分から16時00分
申し込み窓口 https://www.osaka-u.ac.jp/ja/international/news/m72hy4/votgap/vnraq7

“Let’s Take Action”大阪大学SDGs シンポジウム

SDGsに関心を持つ学生、教職員の皆様、“Let’s Take Action” 大阪大学SDGs シンポジウムへのご応募、ご参加を心よりお待ちしております!当シンポジウムは本年度SDGs国際学生交流プログラムの一環として開催します。心に響く話題をもたらす講演者、若手起業家、チェンジ・エージェントが一堂に会し、SDGsの実践事例と経験をオンラインで熱談!

基調講演:「SDGsの現在地:解決策の担い手としてのわたしたち」
根本かおる 国連広報センター 所長

大阪大学同窓生の活動紹介:地球規模の問題への対応
豊島浩二 日野自動車株式会社 先進技術本部 副本部長
テーマ:クルマは本当に必要か?

青野慶久 サイボウズ株式会社 代表取締役社長
テーマ: 「選択的」夫婦別姓 〜経営者が裁判を起こし、考えたこと

深田洋輔  YOYOホールディングス CEO
テーマ: 貧困問題を解決する新興国のモバイルビジネスの創出

山田美緒 KISEKI Co. Ltd. CEO、⼀般社団法⼈コグウェイ 理事⻑
テーマ: 手の届く世界に違いを作る、ルワンダでソーシャルビジネス

<開催日時>
2022年8月29日(月)14:00-16:00(日本時間)

<開催形式>
オンライン(Zoom ウェビナー)

<対象者>
- 大阪大学の学生、教職員
- SDGsに関心をもつ関西地域の学生、市民、企業や自治体関係者
- 大阪大学海外協定大学の学生、教職員
- SDGsに関心をもつ一般市民

<使用言語>
日本語(英語同時通訳)

<定員>
200名

<申込方法>
https://tinyurl.com/OUSDG

ポスターはこちら

ページトップへ