Joint Conference Ramathibodi ‐ Hokkaido ‐ Osaka University

  • 要申込
  • place その他
  • その他
Joint Conference Ramathibodi ‐ Hokkaido ‐ Osaka University

この度、大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 国際医療センターは、タイ・バンコクのマヒドン大学ラマティボディ病院と北海道大学と合同で「Joint Conference Ramathibodi – Hokkaido – Osaka University ~ Development of International Human Clinical Research ~」を開催する運びとなりました。 本年度は、国際共同臨床研究のさらなる推進をテーマに「研究への患者・市民参画(PPI:Patient and Public Involvement)」や「がん」、「感染症」、「医療機器」について各大学の取り組みをご発表いただきます。 皆さま、奮ってご参加ください。

カテゴリ その他
日時 2022年11月2日(水) 11時00分から16時40分
会場 北海道大学 医学部学友会館 フラテホール/オンライン参加可能
申し込み窓口 https://forms.office.com/r/1TCaXBLcLL
問い合わせ先 大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 国際医療センター06-6879-4128

この度、大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 国際医療センターは、タイ・バンコクのマヒドン大学ラマティボディ病院と北海道大学と合同で「Joint Conference Ramathibodi – Hokkaido – Osaka University ~ Development of International Human Clinical Research ~」を開催する運びとなりました。
本年度は、国際共同臨床研究のさらなる推進をテーマに「研究への患者・市民参画(PPI:Patient and Public Involvement)」や「がん」、「感染症」、「医療機器」について各大学の取り組みをご発表いただきます。
皆さま、奮ってご参加ください。

開催日:2022年11月2日(水)
開催方法:ハイブリッド形式(対面/オンライン)
対面開催場所:北海道大学 医学部学友会館 フラテホール
参加費用:無料
使用言語:英語
演者紹介(一部)
■ Prof. Beverley Anne Yamamoto
(Director of OU UNESCO Chair in Global Health and Education, Osaka University)
“The benefits and challenges of implementing patient and public involvement in medical research and policy making: Introducing three projects at Osaka University”
■ Asst.Prof. Kamthorn Malathum
(Deputy Director, Ramathibodi Hospital)
“The Unmet Needs in Antimicrobial Resistance Therapy and Prevention”
■ Ms. Nisa Tania Tabassum
(Specially appointed researcher, Center for Global Health, Osaka University Hospital)
“Carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in the environment of Dhaka, Bangladesh: a call to action”
■ Dr. Takako Miyamura
(Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, Osaka University)
“International collaborative treatment protocol for infants under one year with KMT2A-rearranged acute lymphoblastic leukemia or mixed phenotype acute leukemia”
■ Prof. Suradej Hongeng
(Department of Pediatrics, Faculty of Medicine Ramathibodi Hospital, Mahidol University)
“From omics to drug discovery”
■ Dr. Gajanan Revankar
(Department of Neurology, Osaka University)
“Patient-centric approach to utilizing visual misperception as a marker for neuropsychiatric disease – ‘RealVision’ study”
マヒドン大学ラマティボディ病院と大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 国際医療センターは毎年合同でシンポジウムを開催しており、今年で7年目となります。今年度は初めて北海道大学にも参加頂きます。

ページトップへ