[受付終了] 6月30日開催 大阪大学先導的学際研究機構『DX社会研究部門キックオフシンポジウム』

  • 要申込
  • place 吹田キャンパス
  • 科学・技術
6月30日開催 大阪大学先導的学際研究機構『DX社会研究部門キックオフシンポジウム』

6月30日開催 大阪大学先導的学際研究機構『DX社会研究部門キックオフシンポジウム』  近年、デジタル変革(DX)によって組織における情報処理プロセスの変革だけでなく、組織構造や社会構造そのものを変革する可能性が注目される一方で、情報技術が社会課題解決の基盤になりつつあるものの、情報科学分野の研究者だけでは解決できない課題が数多く存在し、情報技術を必要とするさまざまな分野の研究者との共創によるイノベーションが不可欠になっています。 先導的学際研究機構DX社会研究部門は、高度な情報技術の活用をあらゆる分野に遍在化させ、産業社会や経済社会、また、日常生活においてDXを浸透させ発展させるための研究活動を推進するために、2022年4月に発足致しました。 本部門では「DXプラットフォーム研究領域」「DX通信基盤研究領域」「知的DX研究領域」」「産業DX研究領域」「都市DX研究領域」「健康DX研究領域」の6つの研究領域を設定し、今後、ご要望に応じて拡大していきたいと考えていますが、本シンポジウムではまず、既存の6つの研究領域での今後の活動計画についてご紹介します。

カテゴリ 科学・技術
日時 2022年6月30日(木) 13時00分から16時00分
会場 ハイブリッド開催  会場:大阪大学吹田キャンパス 銀杏会館3Fホール  オンライン配信: Zoom WebinarによるLIVE配信
申し込み期限 2022年6月27日(月)
申し込み窓口 https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=Rkmgzh1C-UKFQQHbNGnTiY-B3YWd1rVFrkJVnflq-C9UN05WM0o3TEJUT0tVMkdOQVJPOUpNUFpJMC4u
問い合わせ先 < 問合せ担当 > 先導的学際研究機構DX社会研究部門キックオフシンポジウム事務局(株式会社JTB 西日本MICE事業部)06-6210-5608

【開催日時】 2022630日(木) 13001600 

【開催形式】 ハイブリッド開催  会場:大阪大学吹田キャンパス 銀杏会館3Fホール オンライン配信: Zoom WebinarによるLIVE配信 

【お申込】 下記URLよりお申し込みをお願い致します。 ※要事前登録※ https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=Rkmgzh1C-UKFQQHbNGnTiY-B3YWd1rVFrkJVnflq-C9UN05WM0o3TEJUT0tVMkdOQVJPOUpNUFpJMC4u 

【申込期間】 627日 17時まで  前日までにお申し込みメールアドレスに視聴用URLをお送り致します。届かない場合はお手数ですが、ou-dxsociety_symposium2022▲jtb.comを@に変えて送信ください)までご連絡をお願い致します。    

【プログラム】 

【開会の挨拶】
大阪大学 理事・副学長 先導的学際研究機構 機構長 尾上 孝雄
・DX社会研究部門の紹介
 大学院情報科学研究科 研究科長・教授 先導的学際研究機構 DX社会研究部門 部門長 村田 正幸
・領域紹介① 
「DXプラットフォーム研究領域」 - 研究DXを目指して
 サイバーメディアセンター センター長・教授 下條 真司
・領域紹介② 
「DX通信基盤研究領域」 - Beyond 5G時代の共創インフラを目指して
 サイバーメディアセンター 教授 下西 英之
・領域紹介③ 
「知的DX研究領域」 - 豊かな社会を実現するためのビッグデータ・AIの活用
 大学院情報科学研究科 副研究科長・教授 原 隆浩
・領域紹介④ 
「産業DX研究領域」 - 第5次産業革命&カーボンニュートラルへの挑戦
 大学院情報科学研究科 産学連携教授 加納 敏行
・領域紹介⑤ 
「都市DX研究領域」 - 人間中心の社会を目指して
 大学院情報科学研究科 教授 山口 弘純
・領域紹介⑥ 
「健康DX研究領域」 - 健康増進学習にむけて
 サイバーメディアセンター准教授 伊達 進

【閉会の挨拶】 大学院情報科学研究科 副研究科長・教授 森田 浩

【問い合わせ】 
先導的学際研究機構DX社会研究部門キックオフシンポジウム事務局         
株式会社JTB 西日本MICE事業部 
Tel06-6210-5608 E-mail: ou-dxsociety_symposium2022@jtb.com

チラシはこちら→PDF

ページトップへ