文部科学省 学術変革領域研究 2022年度市民公開シンポジウム 生命現象に迫るサイエンス -最先端の技術・装置で明らかにする生命のしくみ-

  • 要申込
  • place その他
  • 科学・技術
文部科学省 学術変革領域研究 2022年度市民公開シンポジウム 生命現象に迫るサイエンス -最先端の技術・装置で明らかにする生命のしくみ-

近年、生命科学に関する様々なニュースをよく耳にするようになりました。メディア上ではゲノム編集や再生医療といったテーマが頻繁にとりあげられています。いま、生命科学は私たちにとって非常に身近な話題になっているといえるでしょう。そこでは、生命の仕組みを様々なアプローチによって明らかにし、可視化する試みがおこなわれています。一方で、高いレベルの研究を行うには、専門的技術や大規模な実験装置などが必要となり、研究者が個人の力だけで研究を進めることが困難な状況も生まれています 。では、現在の生命科学の現場では、具体的にどのような取り組みがおこなわれており、またそれは私たちの社会をどのように変化させていくのでしょうか。今回のシンポジウムでは、最先端の研究者とともに、科学研究と社会のいまと未来について市民のみなさまと考えてみたいと思います。

カテゴリ 科学・技術
日時 2022年10月23日(日) 13時00分から16時10分
会場 オンライン開催(Zoomでの開催を予定)
定員 500名(オンライン)
主催 文部科学省学術変革領域研究 学術研究支援基盤形成 生命科学連携推進協議会 共催:文部科学省学術変革領域研究 学術研究支援基盤形成「コホート・生体試料支援プラットフォーム」、「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」、「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」、「先端モデル動物支援プラットフォーム」、「先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム」
後援等 21世紀懐徳堂
申し込み期限 2022年10月21日(金)
申し込み窓口 https://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/seminar/20221023/
問い合わせ先 大阪大学大学院医学系研究科 医の倫理と公共政策学 市民公開シンポジウム事務局

◆日時:2022年10月 23日(日) 13:00 – 16:10

◆開催形式:オンラインシンポジウム

◆登壇者:

講 演

・後藤典子 先生(金沢大学がん進展制御研究所)「乳がん幹細胞を標的とするがんの治療と予防戦略」

・三上秀治 先生(北海道大学 電子科学研究所)タイトル「最先端光学顕微鏡で生体からビッグデータを取得する」

・澤崎達也 先生(愛媛大学プロテオサイエンスセンター)「薬の副作用を調べるには?」

・井ノ上逸朗 先生(国立遺伝学研究所 人類遺伝研究室)「次世代シーケンサーによる子宮内膜症の解明」

指定発言 ・須田桃子 様(ニューズピックス編集部)

 ◆プログラム◆

13:00  開会の挨拶

    東京大学 医科学研究所 生命科学連携推進協議会 武川 睦寛(たけかわむつひろ)

13:10 「乳がん幹細胞を標的とするがんの治療と予防戦略」 

    金沢大学 がん進展制御研究所 分子病態研究分野 後藤 典子(ごとうのりこ)

13:35 「最先端光学顕微鏡で生体からビッグデータを取得する」

    北海道大学 電子科学研究所 三上 秀治(みかみひではる)

14:00 「薬の副作用を調べるには?」

    愛媛大学 プロテオサイエンスセンター  澤崎 達也(さわさきたつや)

(休憩15分)

14:40 「次世代シーケンサーによる子宮内膜症の解明」

    国立遺伝学研究所 人類遺伝研究室  井ノ上 逸朗(いのうえいつろう)

15:05  パネルディスカッション

    指定発言:ニューズピックス編集部  須田 桃子(すだももこ)     

16:05  閉会の挨拶

    加藤 和人(かとうかずと)

◆主 催:文部科学省学術変革領域研究 学術研究支援基盤形成 生命科学連携推進協議会

◆共 催:文部科学省学術変革領域研究 学術研究支援基盤形成「コホート・生体試料支援プラットフォーム」、「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」、「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」、「先端モデル動物支援プラットフォーム」、「先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム」

開催形式:オンラインシンポジウム

  • オンライン会議ツール「Zoom」を使用します。
  • パソコン・タブレット・スマートフォンで全国どこからでもご参加いただけます。
  • 参加登録をいただいたメールアドレスに、「Zoom」の使い方を含む当日の参加方法の詳細をお送りします。

 チラシは→こちら

申込・詳細は→こちら

ページトップへ