第148回「制度と組織の経済学」研究会開催のお知らせ

  • 要申込
  • place その他
  • その他

第148回「制度と組織の経済学」研究会(東京大学社会科学研究所とIPP研究会の共催)開催のお知らせ 「制度と組織の経済学」研究会はOEIO(The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organizations:東京大学社会科学研究所と大阪大学IPP研究会による研究会)の主催により、理論研究・実証研究を問わず、ミクロ経済理論、マクロ経済理論、経済史等をテーマに研究しています。 皆様のご参加をお待ちしております。

カテゴリ その他
日時 2022年11月25日(金) 13時30分から15時00分
会場 【オンライン観覧のみ】
申し込み窓口 東京大学社会科学研究所 三上様

問い合わせ先 東京大学社会科学研究所 三上様宛  TEL:03-5841-4936

第148回「制度と組織の経済学」研究会(東京大学社会科学研究所とIPP研究会の共催)開催のお知らせ

「制度と組織の経済学」研究会はOEIO(The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organizations:東京大学社会科学研究所と大阪大学IPP研究会による研究会)の主催により、理論研究・実証研究を問わず、ミクロ経済理論、マクロ経済理論、経済史等をテーマに研究しています。

皆様のご参加をお待ちしております。

■日時:2022年11月25日(金)13:30-15:00

■開催方法:オンラインにて開催

■申込: rmikami@iss.u-tokyo.ac.jp(東京大学社会科学研究所  三上様宛)

Presenter:Kazuhiro Yamamoto(山本和博先生)      
(Graduate School/School of Economics, Osaka University)

Title:"A welfare analysis of a monocentric city model under monopolistic competition with heterogeneous firms and variable elasticity of substitution preference"

Abstract: We study the equilibrium and the optimal resource allocation in a monocentric city model under monopolistic competition among heterogeneous firms with a variable elasticity of substitution (VES) preference. First, we show that in an equilibrium, the output of firms with high productivity is under-produced and the output of firms with low productivity is over-produced. Also, firms with too low productivity remain in the market. This is the market distortion brought about by firm heterogeneity and VES preference. Second, an increase in city size increases the output per firm with high productivity, while it decreases the output per firm with low productivity. Thus, the increase in city size acts to correct the market distortions introduced by firm heterogeneity and VES preference.

ページトップへ