第146回「制度と組織の経済学」研究会開催のお知らせ

  • 要申込
  • place 吹田キャンパス
  • その他

第146回「制度と組織の経済学」研究会(東京大学社会科学研究所とIPP研究会の共催)開催のお知らせ 「制度と組織の経済学」研究会はOEIO(The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organizations:東京大学社会科学研究所と大阪大学IPP研究会による研究会)の主催により、理論研究・実証研究を問わず、ミクロ経済理論、マクロ経済理論、経済史などをテーマに研究しています。 皆様のご参加をお待ちしております。

カテゴリ その他
日時 2022年7月15日(金) 13時30分から15時00分
会場 オンラインにて開催
申し込み窓口 東京大学社会科学研究所  三上様宛 < 問合せ担当Tel > 03-5841-4936

問い合わせ先 東京大学社会科学研究所  三上様宛 < 問合せ担当Tel > 03-5841-4936

第146回「制度と組織の経済学」研究会(東京大学社会科学研究所とIPP研究会の共催)開催のお知らせ
「制度と組織の経済学」研究会はOEIO(The Osaka Workshop on Economics of Institutions and Organizations:東京大学社会科学研究所と大阪大学IPP研究会による研究会)の主催により、理論研究・実証研究を問わず、ミクロ経済理論、マクロ経済理論、経済史などをテーマに研究しています。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日時:2022年7月15日(金)13:30-15:00
■開催方法:オンラインにて開催
■申込: rmikami@iss.u-tokyo.ac.jp(東京大学社会科学研究所  三上様宛)

Presenter: Takashi Shimizu, Graduate School of Economics, Kobe University (神戸大学 清水崇 氏)
Title: "On the Combination of Biased Members"
Abstract: We consider the information transmission problem within organization, and especially we focus on how to combine biased subordinates to elicit truthful information from them. We assume that the directions of subordinates' biases are common knowledge, but not their sizes. This leads to the results that homogeneous combination of subordinates are better than heterogeneous one. This is because in the case of homogeneous subordinates, the effect of one's false report might be accelerated by another false report and this anxiety reduces an incentive for subordinates to send a false report.

チラシはこちら→PDF(日本語)

チラシはこちら→PDF(英語)

ページトップへ