スマートコントラクト活用共同研究講座 開設記念シンポジウム

  • place 吹田キャンパス
  • 科学・技術

大阪大学大学院情報科学研究科はスマートコントラクト活用共同研究講座を開設いたしました。本講座は、一般社団法人臨床医工情報学コンソーシアム関西と共同で、ブロックチェーン・スマートコントラクトを活用した研究・教育を行う講座です。今後到来する「行動のインターネット(IoB)」時代に向け、プライバシ ーの侵害や機密情報へのアクセスに対応したデータの信頼性を向上させる技術を開発し、情報学と工学そして医療分野のみならず、多くの融合領域の発展に寄与することを目指します。 つきましては、本講座の開設にあたり、開設記念シンポジウムを開催します。WEBサイトより申し込みができますので、ご参加くださいますようお願い致します。

カテゴリ 科学・技術
日時 2021年12月22日(水) 14時00分から15時30分
会場 大阪大学コンベンションセンター 会議室1(オンラインあり)
定員 100名
主催 大阪大学 情報科学研究科 スマートコントラクト活用共同研究講座
申し込み窓口 http://www-scal.ist.osaka-u.ac.jp/1222.html
問い合わせ先 スマートコントラクト活用共同研究講座事務局(Tel :06-6879-4141)

<開催概要>
【日 時】    
 2021
1222() 14:00 - 15:30

【開催形態】        
 
対面・オンラインのハイブリッド方式  

【講演開催場所】    
 大阪大学 吹田キャンパス 大阪大学コンベンションセンター 会議室1  
 ※場所詳細については以下のURLをご覧ください。
  https://facility.icho.osaka-u.ac.jp/convention/map.html
 ※オンライン参加: 参加申し込み者に対してメールにてご連絡いたします。

【参加費】 
 
無料

【定 員】        
 100
名(事前申込制)

【プログラム】          
ご挨拶   村田正幸 大阪大学大学院情報科学研究科長   
       澤 芳樹 一般社団法人臨床医工情報学コンソーシアム関西 会長   
       森下剛志 近畿経済産業局地域経済部 次長  
基調講演 ゼロ知識証明手法を用いた、ブロックチェーンの高速化技術と価値のインターネット化   
                  Eli Ben-Sasson StarkWare 会長、共同創業者  
最先端ブロックチェーン研究者の視点で考える「ブロックチェーンの現在地と未来」   
      落合渉悟 大阪大学大学院情報科学研究科 特任研究員  
医療分野への応用と期待(仮題)   
      坂田泰史 大阪大学大学院医学系研究科 教授、大阪大学国際医工情報センター 副センター長  
閉会の挨拶   谷田 純 大阪大学大学院情報科学研究科 スマートコントラクト活用共同研究講座 教授 
※本シンポジウムの発表は日本語で行われます。一部、英語での発表を予定しておりますが、日本語への通訳はございません。

ページトップへ