阪大外国語学部×みのお市民活動センター「マンスリー多文化サロン」

  • place その他
  • 文化・芸術

2018年10月から毎月第3木曜日19:00~20:30に多文化サロンを開催中。言語文化研究科/外国語学部の教員が、諸外国・諸地域の文化や生活などを紹介。講師・市民の相互交流の意味もこめて名称をサロンとする。2021年度はオンラインをメインに開講(定員:オンライン50名、センター参加10名)。申込受付は2021年9月3日から実施日の3日前まで。9月のテーマは「白夜の世界に生きる人びとの祈り—スウェーデン語圏の祭りを知る—」。講師は古谷大輔。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2021年9月16日(木) 19時00分から20時00分
会場 オンライン / みのお市民活動センター
主催 阪大外国語学部 / みのお市民活動センター
問い合わせ先 大阪大学外国語学部

2021年9月16日(木)19:00-20:00 受付開始:9月3日

白夜の世界に生きる人びとの祈り—スウェーデン語圏の祭りを知る—

古谷 大輔(大阪大学大学院言語文化研究科 教授)

ヨーロッパはキリスト教世界だと思われていますが、北欧は長らくキリスト教世界の外にあって独特な信仰がありました。それゆえキリスト教が広がった今日でも、他のヨーロッパとは異なる独特な祈りの姿を見ることができます。この講義ではクリスマスのようなキリスト教で馴染みの祭りや夏至祭のようなスウェーデン語圏に独特な祭りについて僕自身の体験を踏まえて話題を提供します。他のヨーロッパの地域や日本での祈りの姿との異同を確認しながら、白夜の世界に生きる人びとの個性を発見してみましょう。

*お申込みはメールにて大阪大学外国語学部まで。ご連絡いただいた方には、ZoomのID(クリックすると参加可能)をお知らせいたします。14日を過ぎても連絡メール不着の場合は、担当者までお知らせください。

ページトップへ