阪大外国語学部×みのお市民活動センター「マンスリー多文化サロン」

  • place その他
  • 文化・芸術

2018年10月から毎月第3木曜日19:00~20:30に多文化サロンを開催中。言語文化研究科/外国語学部の教員が、諸外国・諸地域の文化や生活などを紹介。講師・市民の相互交流の意味もこめて名称をサロンとする。2021年度はオンラインをメインに開講(定員:オンライン50名、センター参加10名)。申込受付は2021年7月5日から実施日の3日前まで。7月の内容は「台湾の小学校は多言語」。講師は林初梅。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2021年7月15日(木) 19時00分から20時00分
会場 オンライン / みのお市民活動センター
主催 阪大外国語学部 / みのお市民活動センター
問い合わせ先 大阪大学外国語学部

2021年7月15日(木)19:00-20:00 受付開始:7月5日

台湾の小学校は多言語

林 初梅(大阪大学大学院言語文化研究科 教授)

台湾の小学校では、2021年の今、一人の子どもが、①国語(中国語=台湾華語)、②英語、③エスニック言語の3つを学んでいます。英語の導入だけで意見が割れている日本とはまるで違います。またエスニック言語に代えて、新住民言語を学ぶという選択肢もあります。そんな多言語社会台湾の姿をお伝えしたいと思います。

*お申込みはメールにて大阪大学外国語学部まで。ご連絡いただいた方には、ZoomのID(クリックすると参加可能)をお知らせいたします。13日を過ぎて連絡メール不着の場合は、担当者までお知らせください。

ページトップへ