阪大外国語学部×みのお市民活動センター「マンスリー多文化サロン」特別編

  • place その他
  • 文化・芸術

2018年10月から毎月第3木曜日19:00~20:30に多文化サロン(定員20名)を開催中。言語文化研究科/外国語学部の教員が、諸外国・諸地域の文化や生活などを紹介。講師・市民の相互交流の意味もこめて名称をサロンとする。2020年度はオンラインをメインに3回の特別編を開講。申込受付は2020年11月5日から実施日の2日前まで。11月の内容は「うごめくフィリピン、その祈りと旅路」。講師は宮脇聡史。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2020年11月19日(木) 19時00分から20時00分
会場 オンライン/みのお市民活動センター
主催 阪大外国語学部 / みのお市民活動センター
問い合わせ先 大阪大学外国語学部

2020年11月19日(木)19:00-20:00 受付開始:11月5日

うごめくフィリピン、その祈りと旅路

宮脇 聡史 (大阪大学大学院言語文化研究科准教授)

近年の着実な経済成長により、また日本との関係の強まりにより、注目が高まっているフィリピン。貧しい南国のイメージが強いのですが、時代ごとのグローバルパワーであるスペイン、イギリス、アメリカ、日本の影響下に置かれ続けてきたことにはあまり注目されていません。キリスト教化、近代化、グローバル化の最先端に触れ続け、世界の諸文化と交流しつつ個性を確立してきたフィリピンのダイナミクスと苦闘を探ります。
2020-11-Philippines.bmp

*お申込みはメール(センター参加の方はお電話)にて大阪大学外国語学部まで。ご連絡いただいた方には、ZoomのID(クリックすると参加可能)をお知らせいたします。万が一17日までに連絡メール不着の場合は、担当者までお知らせください。

ページトップへ