令和2年度 大阪大学適塾記念講演会

  • place 中之島センター
  • 文化・芸術
令和2年度 大阪大学適塾記念講演会

大阪大学適塾記念センター・適塾記念会では、適塾・緒方洪庵および塾生の業績を顕彰するとともに、毎年、適塾記念講演会を開催しています。今年度は、COデザインセンターの小林傳司特任教授と、大学院基礎工学研究科の北川勝浩教授にご講演いただきます。皆様のご参加をお待ちしています。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2020年12月8日(火) 18時00分から20時00分
会場 佐治敬三メモリアルホール
主催 大阪大学・適塾記念センター・適塾記念会
問い合わせ先 適塾記念会事務室

https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/form/r2tekijuku_form

【講演1】
「社会と科学技術の関係 ~過去50年を振り返る~」
新しい知識を生産することだけを生業とする集団(=科学者、科学技術者)を人類が抱えて、150年余りになる。この集団の影響力は徐々に増し、ここ50年は社会の運営、発展に必要不可欠な存在になっている。社会は科学技術とどのような関係を取り結ぶべきなのか、いま大学の果たすべき役割と絡めて議論したい。

小林 傳司 (大阪大学COデザインセンター特任教授)

【講演2】
「量子情報・量子生命が拓く未来 ~今なぜ量子なのか~」
 量子コンピュータで急速に注目を集めている量子情報の研究について、黎明期から現在までの発展を振り返り、今なぜ量子なのかを考えます。量子コンピュータと量子生命科学が拓く人類と地球の未来を展望します。

北川 勝浩(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)

【申込方法】※60名(申込先着順)
・WEB:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/form/r2tekijuku_form (WEB申込みフォーム)

【問合せ先】
・適塾記念会事務室URL:https://www.tekijuku.osaka-u.ac.jp/
・住所:〒560-0043 豊中市待兼山町1-13(大阪大学会館内 大阪適塾記念センター)
・E-mail:sympo-info@tekijuku.osaka-u.ac.jp

【開催に関するお願い】
・新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、開催を中止する場合があります。
・ご参加にあたっては、マスクの着用・手指の消毒などにご協力いただきますようお願いいたします。
・また、当日、熱のある方や咳の出る方、体調のすぐれない方は、参加をお控えいただきますようお願いいたします。

ページトップへ