第53回 新しいまちづくり・みちづくりのための研究会 『人口減少時代の都市政策を考える-高槻市のケース』まちみちコミュニケーション研究室

  • 要申込
  • place 中之島センター
  • その他
第53回 新しいまちづくり・みちづくりのための研究会 『人口減少時代の都市政策を考える-高槻市のケース』まちみちコミュニケーション研究室

本研究会では、これまで都市のあり方やまちづくりの諸活動、デザイン、エリアマネジメント、駅とその周辺、交通のあり方などについての発表と意見交換をしてきました。 今回は、阪大まちみち研究室とも研究・教育フィールドとして関係が深い高槻市の副市長梅本定雄さんから、人口減少時代における新たな都市政策の取り組みについて話題提供をいただきます。自治体経営の最前線で、今後の都市政策を考えておられるお話がうかがえるものと思います。 また、是非ご参加の皆さんと意見交換を行いたいと考えています。  まちづくりなどに広くご関心をお持ちの皆様のご参加を楽しみにしています。

カテゴリ その他
日時 2020年1月29日(水) 19時00分から21時00分
会場 大阪大学中之島センター(7階 702講義室)
主催 大阪大学COデザインセンター
申し込み期限 2020年1月23日(木)
申し込み窓口 大阪大学COデザインセンターまちみちコミュニケーション研究室 辻 寛

問い合わせ先 大阪大学COデザインセンターまちみちコミュニケーション研究室 辻 寛

https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/co/2020/000773.php

■ 今回の話題

人口減少時代の都市政策を考える-高槻市のケース

■ 話題提供者

梅本 定雄さん(高槻市副市長)

■ 参加方法

お気軽にお越しください。また、ご関心をお持ちの方々にもお知らせ下さいますようにお願い申し上げます。

なお、配布資料の準備の関係もございますので、参加者氏名あるいは人数を、1月28日までにtsuji@cscd.osaka-u.ac.jpまでご連絡頂ければ幸いです。

ページトップへ