COデザインカフェ ダイバーシティ・カフェ15 「ウェア アーユー フロム?」 ー日本に住んで、"見た目"で起こる苦労を留学生と考えようー

  • place 豊中キャンパス
  • その他

大阪大学の内外のひとたちとコラボでカフェ企画をお届けするダイバーシティ・カフェ。 1月はCOデザインセンター開講授業「協働術/マイノリティ・セミナー」受講者による企画シリーズです。 シリーズ第1回は、「ガイジン」班のみなさんといっしょに、 "ダイバーシティ"についての思い込みについて語りあいましょう。 留学生のみなさん、ぜひ参加して、日頃感じていることをお話しください。 *本企画は、「ニホンジン/ガイジン」という表現を意図的に使っています。 現実には、わたしたちは国籍、肌の色、人種、民族、文化、出身地、言語など、 さまざまな違いや背景をもって生きており、単純に「日本人」「外国人」と区別することはできません。

カテゴリ その他
日時 2020年1月10日(金) 18時00分から20時00分
会場 大阪大学COデザインセンター COデザインスタジオ(豊中キャンパス、MAP64番の建物. 全学教育総合棟3階341)
主催 大阪大学COデザインセンター(ダイバーシティ&インクルージョン・プロジェクト)
問い合わせ先 大阪大学COデザインセンター 准教授 ほんま なほ

https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/co/2020/000771.php

gaijin.jpg

・・・

(あっ! ガイジンさんだ! 英語で話さなきゃ!)
「ウェア アーユー フロム?」
(え、私日本語喋れるんだけどな...)
「私は〇〇から来ました」
こんな会話をしたことはありませんか?
つい英語で話しかけてしまった人、
英語で聞かれて違和感を覚えたことのある人は多いのではないでしょうか。
そんなあなたの少し違和感・嫌な気持ちになった経験を教えてくれませんか?
また、悪気なく見た目で判断してこのように話しかけた経験がある方もいるのではないでしょうか?
実はその悪気のない判断で違和感・嫌な気持ちを感じた人がいるかも知れません。
留学生の方の経験を聞いて、どんなふうに話しかけたら良いのかみんなで一緒に考えてみませんか。

 

 

    • 進行:ほんま なほ(COデザインセンター)
    • 申込:不要 茶菓子などはありませんので、各自持参してください。

 

*COデザインセンターでは、社会と臨床にかかわる教育研究プログラム開発の一つとして、
「ダイバーシティとインクルージョン」の課題に取り組んでいます。

ページトップへ