[開催中] サイエンスカフェ@待兼山(2019年度)

  • 要申込
  • place 豊中キャンパス
  • その他

大阪大学総合学術博物館で、サイエンスカフェを楽しみませんか。コーヒーを片手にゆったりとした雰囲気で、「科学する」とはどういうことか、研究者とともに考えていきます。わかりやすい言葉で“科学”を語ることで、専門家と一般の方の間のコミュニケーション不全を少しでも改善したいと思っています。自然豊かな待兼山でアカデミックなひとときをお過ごしください。皆様のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加ください。

カテゴリ その他
日時 2020年1月25日(土)から2020年3月21日(土)
会場 総合学術博物館 待兼山修学館3階セミナー室
主催 大阪大学共創機構社学共創本部/総合学術博物館
申し込み窓口 大阪大学共創推進部社学共創課/総合学術博物館

問い合わせ先 大阪大学共創推進部社学共創課/総合学術博物館

https://www.museum.osaka-u.ac.jp/2019-12-03-13568/

No. 152:ブラジルと日本人―海を渡った人々の100年の歴史

コーディネーター:山本 晃輔(人間科学研究科附属未来共創センター)

実施日:2020年1月25日(土)
対象:高校生以上
内容:みなさんにとってブラジルとはどのような国でしょうか。コーヒーやサッカー、アマゾン川といったキーワードが思い浮かぶかもしれません。では、1908年を皮切りに、ブラジルに数多くの日本人が移住したことはご存知でしょうか。今回の講演では、100年に渡るブラジル日本移民の物語について、みなさんにお話したいと思います。

申し込みはこちら

 

No. 153:昆虫の交尾体位の進化

コーディネーター:松野健治(理学研究科)

実施日:2020年2月1日(土)
対象:中学生以上
内容:動物の行動は強い自然淘汰にさらされています。特に、生殖行動の変化は、残せる子孫の数に直接影響するため、新しい種を生み出す働きがあります。昆虫の交尾のスタイルもどんどん進化しており、この進化は、オスの生殖器の向きと関連しています。昆虫の交尾スタイルの進化の世界を覗いてみましょう。

申し込みはこちら

 

No. 154:匂いを感じるしくみ

コーディネーター:竹内裕子(生命機能研究科)

 本イベントの共催者である豊中市では、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、不特定多数の方が参加するイベントに関しては原則中止する方針が出されました。
 また、今回は満席が予定されることから、会場である待兼山修学館の状況を踏まえ、感染拡大の防止という観点から、№154 匂いを感じるしくみ 2月22日(土) のサイエンスカフェは中止させていただくことといたしました。
 ご参加を予定していただいていた皆様には、直前のお知らせとなり、大変申し訳ございませんが、ご理解とご了承いただきますよう、お願い申し上げます。(2020/2/21更新)

実施日:2020年2月22日(土)
対象:高校生以上
内容:街を歩いていて感じる芳ばしい焼きたてのパンの香り。途端に幸福感を感じたり、かつての記憶が蘇ったりという経験はありませんか?匂いを感じるしくみは細胞や分子レベルで説明できます。今回は匂いを感じる細胞の情報伝達機構を紹介します。

申し込みはこちら

No. 155:「音楽のまち」はどのように創られたのか

コーディネーター:肥後 楽(21世紀懐徳堂)

実施日:2020年3月7日(土)
対象:高校生以上
内容:日本の「音楽のまち」といえば、どこを思い浮かべますか?実は、日本には「音楽のまち」をうたう都市がたくさんあります。日本各地の「音楽のまち」は、いつ頃から、どのようにして「音楽のまち」と名乗るようになったのか、いくつかの都市を取り上げお話します。

申し込みはこちら

No. 156:対話型調停の会話分析 ー紛争解決の営みを解きほぐすー

コーディネーター:李英(法学研究科)

実施日:2020年3月21日(土)
対象:高校生以上
内容:「当事者たちだけで」話し合うことで紛争を解決する調停スタイルをとる対話型調停。それは本当にありうるのでしょうか。この講義では、具体的な事件処理のデータをもとに、会話分析の手法で、調停参加者たちの発言を一行ずつ細かく分析することで、「当事者たちだけ」の紛争解決の営みをみていきます。

申し込みはこちら

ページトップへ