シベリウスとフィンランドの言語の多様性ー合唱団のためのスウェーデン語発音講座ー

  • 要申込
  • place 豊中キャンパス
  • 文化・芸術
シベリウスとフィンランドの言語の多様性ー合唱団のためのスウェーデン語発音講座ー

2019年は、日本とフィンランドの外交樹立100周年という記念の年です。今年、全日本合唱コンクールの課題曲に、フィンランドを代表する作曲家シベリウスの3つの作品が選ばれました。課題曲のうち1曲はフィンランド語、もう2曲はスウェーデン語で歌詞が書かれています。なぜシベリウスは、2カ国語の歌詞に作曲したのでしょうか?  その答えは、フィンランドの歴史が握っています。今回のレクチャーでは、シベリウスの楽曲を鍵に、フィンランドの言語の多様性と、シベリウスが生きた時代についてご紹介します。  当日は、合唱コンクールの課題曲を題材に、ネイティブスピーカーの指導によるスウェーデン語発音講座を実施します。北欧の言語の多様性に触れ、実際にその響きを体感できる3時間です。みなさまぜひ、ご参加ください。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2019年6月9日(日) 13時30分から17時00分
会場 大阪大学会館 講堂(豊中キャンパス)
定員 200名
主催 大阪大学共創機構社学共創本部 異文化理解クラスター
後援等 共催:大阪大学21世紀懐徳堂、協力:豊中混声合唱団、後援:全日本合唱連盟、フィンランド大使館
申し込み窓口 大阪大学21世紀懐徳堂
問い合わせ先 大阪大学21世紀懐徳堂

ゲスト:

古谷大輔(大阪大学大学院言語文化研究科准教授)

Márton András Tóth(大阪大学大学院言語文化研究科博士前期課程院生)

進行・発音指導:

當野能之(大阪大学大学院言語文化研究科講師)

モデル合唱団:豊中混声合唱団

当日、課題曲①・②の楽譜をお持ちの方は、ぜひご持参ください。

◆プログラム

13:00 開場

13:30   スウェーデン語 発音講座

課題曲①   Kantat till ord av W. von Konow(Walter von Konow 作詩/Jean Sibelius 作曲)

14:20 講演「シベリウスがスウェーデン語を使ったわけ

ースウェーデン語系フィンランド人の歴史と文化」

15:10    休憩

15:30 スウェーデン語 発音講座

課題曲②  Ensam i dunkla skogarnas famn(Emil von Qvanten 作詩/ Jean Sibelius 作曲)

16:20 豊中混声合唱団による課題曲②の演奏

17:00 終了

※本講座は日本言語学会の「言語の多様性に関する啓蒙・教育プロジェクト」の助成を受けたものです。

ページトップへ