コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > はんだいラボ@EXPOCITY Lab

はんだいラボ@EXPOCITY Lab

「はんだいラボ@EXPOCITY Lab」とは、大学で学ぶことや研究を身近に感じて頂けるように、子育て世帯を主な対象として大阪大学共創機構社学共創本部が2019年1月から実施しているプログラムです。ららぽーとEXPOCITY3階「EXPOCITY Lab」が会場です。家族で買い物をしたついでに、大阪大学の教員たちの話も聞いて帰る、そんな新しいライフスタイルをつくれたらと思っています。

 

 第7回 ねぇねぇはかせ、「どうしてホタルは光るの?」

時を忘れて、ずーっと眺めていても飽きないホタルの光。でも、どうして見てても飽きないのでしょう?最新の研究成果で、色が移っていく人工ホタルを完成させました!人工ホタルで遊びながら、自然の中で明滅するホタルの光はなぜ心地よいのかを一緒に学んでみませんか?

 

 2019年6月8日(土) 13:00~/16:00~ (各回30分程度、受付開始は15分前から)

 展示:13:30-16:00 (常時入場可能)

 講師:神吉輝夫先生(大阪大学産業科学研究所准教授)

 定員:15組30名

 対象年齢:どなたでも(小学生以下は親子で一緒に参加してください)

 お申し込みは下記ページから↓

  13:00:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/expocitylab7_form1300

  16:00:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/expocitylab7_form1600

 

第8回 ねぇねぇはかせ、「食べ物の好き嫌いは、どうしてだめなの?」

食べ物の中には色々な栄養素が含まれています。特に亜鉛が不足すると味覚が鈍くなり、健康に悪い影響が出てしまいます。今回は講義だけでなく、実際に味覚を測定してみましょう。亜鉛が含まれている簡単なレシピも共有します♪

 

 2019年6月16日(日) 14:00~/16:00~ (各回30分程度、受付開始は15分前から)

 講師:渡邊浩子先生 (大阪大学大学院医学系研究科教授)

 定員:15組30名

 対象年齢:小学生と保護者

 お申し込みは下記ページから↓

  14:00:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/expocitylab8_form1400

  16:00:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/expocitylab8_form1600

 

第9回 ねぇねぇはかせ、「家族はどうして大切なの?」

家族は、生活をともに営み、成長する一つの生命体です。今回は箱庭フィギュアを用いて 家族が大切にしていることを言葉にするワークショップを行います。 特に子どもの成長に欠かせない食事の時間の過ごし方を通じて、我が家にとって大切なことを一緒に考えてみませんか ?当日は、食に関する家族写真(例: お弁当・食事風景・食事当番表など)を可能であればご持参ください。


 2019 年 7 月 20 日(土)14:00~/16:00~ (各回30分程度、受付開始は15分前から)

 講師:山崎あけみ先生(大阪大学大学院医学系研究科教授)

 定員:15組30名

 対象年齢:学童以上(乳幼児はご遠慮ください)

  14:00:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/expocitylab9_form1400

  16:00:https://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/expocitylab9_form1600

 

------------------------------------------------------------------------------------------

<これまでの開催>

第6回:「ねえねえはかせ、アフリカってどんなところなの?」

2019年4月13日(土)午後2時~、4時~(各50分)

世界地図を見てください。アフリカがどこにあるかわかるかな。遠いね。アフリカって暑いの?国際マラソンではいつもアフリカ人選手が大活躍だけどアフリカ人はみんな走るのが早いの?住んでるのはどんな家?言葉は?学校は?知らないことがいっぱい!アフリカと日本とではもちろん文化や習慣の違いもあるけれど、共通点もいっぱいあるんですよ。遠いアフリカのこと、聞いてみましょう。

講師:米田信子(大阪大学外国語学部教授)

対象:小学生以上(親子で一緒にご参加ください)

定員:各回15組30名(無料・要予約)

 

第5回:「がん細胞って、どんなかたちをしているの?」

2019年3月25日(月) 14時〜17時(開放型展示会・事前申し込み不要)

 「がん」「ガン」「癌」どんなふうに書いても怖いですね。でもがん細胞は、もともと私たちのからだのなかのフツーの細胞。一体どうして「がん」になってしまうのでしょう。また、「がん細胞」とはどのような細胞なのでしょう。敵を退治するには、まず敵をよく知らねばなりません。がん細胞を顕微鏡で見ながら、また色々ながん細胞の顕微鏡写真をみながら、考えてみましょう。

対象:どなたでも

企画:大阪大学微生物病研究所企画広報推進室

自由閲覧形式、14時〜17時まで入退場自由(予約不要)

 

第4回:「ノロウイルスはどうしていいお薬がないの?」

2019年3月9日(土)午後2時~、4時~(各50分)

 寒い季節になるとそこら辺を漂ういやな奴ら。そう、それはインフルエンザウイルス and ノロウイルス。インフルはワクチンもあるし、最近は、かかってからすぐに使えば症状を抑えられるお薬があります。でも、ノロのワクチンやお薬ってありませんよね。今回はノロウイルスとその研究についてお話しします。どうしたら感染を防ぐことが出来るか、考えてみましょう。

講師:佐藤 慎太郎(大阪大学微生物病研究所 特任准教授)

対象:小学生以上(親子で一緒にご参加ください)

定員:各回15組30名(無料・要予約)

 

第3回:「ねぇねぇはかせ、どうしてべんきょうは大切なの?」

知識、健康、友だちなど、教育はたくさんの大切なものを私たちに与えてくれます。当日は学習時間や、友だちが与える影響など、教育について世界で行われてきた研究成果について解説を行います。これからのべんきょうについて、親子で一緒に考えてみませんか? 

 

講師:佐伯康考(大阪大学共創機構社学共創本部特任助教)

日時:2019年2月9日(土)

開始時間 14:00-/16:00-

定員:1回あたり15名( 無料・要予約)

対象:小学校高学年以上(親子で一緒にご参加ください)

 

第2回:「ねぇねぇはかせ、どうしたら音のひびきを楽しめるの?」

響きをつくる機械につながったヘッドフォンをつけて心地よい響きを感じながら、好きな楽器を弾いて/吹いて/歌ってみよう。好きな楽器(リコーダー、鍵盤ハーモニカなど)を持ってきてね!楽器を持っていないお友達もカスタネットや電子ピアノをお貸しします。音の大きさや高さを測れる機械も使って、目に見えない音を測ってみてみよう!

講師:加藤浩介(大阪大学共創機構講師)

日時:2019年1月27日(日)

開始時間 13:00/13:30/14:00/15:00/15:30/16:00

定員:1回あたり5名( 無料・要予約) 

対象:小学生以上(幼稚園児・保育園児は保護者同伴で参加可能)


第1回:「ねぇねぇはかせ、月のうさぎは何さいなの?」

「かぐや姫」や「お月見」など、私たちの暮らしにとても馴染み深い「月」。惑星科学的に見ると、衛星/惑星比の大きい不思議な天体です。当日は、実際に月の石をお見せしながら、「月の石から明らかになったこと」について解説します。普段は38万km離れている「月」をどうぞ身近に感じてください。

日時:2019年1月12日(土)14:00-/16:00-

講師:寺田健太郎(大阪大学大学院理学研究科教授)

対象:小学生以上(親子で一緒にご参加ください)

定員:各回30名(無料・要予約)

 

 

ドキュメントアクション