コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント > 2019年 > サイエンスカフェ・オンザエッジ@サイエンスアゴラ2019「原子の力でがんを治す~注射一本の放射線治療~」

イベント情報

サイエンスカフェ・オンザエッジ@サイエンスアゴラ2019「原子の力でがんを治す~注射一本の放射線治療~」

今から約100年前、明治時代の寿命は男女ともに約44歳でした。医療の進歩に伴い日本人の平均寿命は男性約81歳、女性は約87歳まで伸びました。同時にがん患者数も増加し「人生100年、2人に1人はがんになる時代」を迎えつつあります。今回のサイエンスカフェでは、未来の放射線療法ともいえる手法を開発した大阪大学の畑澤順特任教授をゲストに迎え、がんとは何か?という疑問に始まり、様々ながん治療すなわち外科療法、化学療法、放射線療法、そして昨年のノーベル賞でも話題になった免疫療法を解説し、治療法だけでなく、遺伝情報を用いた最新のがん診断法も紹介します。さらにがん治療を巡る現実について来場者と意見を深め、未来のがん医療について考える機会を持ってもらいます。がん治療と放射線医学の未来に触れたい方の来場をお待ちしています。

サイエンスカフェ・オンザエッジ@サイエンスアゴラ2019「原子の力でがんを治す~注射一本の放射線治療~」
カテゴリー
科学・技術
日時
2019年11月16日(土) 10時30分から12時00分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
テレコムセンタービル8階会議室C(東京都江東区青海2-5-10)
定員
70名(先着)
主催
大阪大学大学院医学系研究科・免疫学フロンティア研究センター
問い合わせ先
大阪大学免疫学フロンティア研究センター企画室
ifrec-office@ifrec.osaka-u.ac.jp
http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/jpn/topics/20190827-0400.htm

 

「人生100年」とも言われる長寿社会である日本においては、がん(悪性腫瘍)による死亡率が高く、今後も多様ながんとの戦いが必須です。昨年のノーベル賞でも話題になったがん免疫チェックポイント療法、さらに新しいがん免疫治療であるCAR-T細胞療法など、がん治療の最新研究について紹介します。さらに、PET(Positron Emission Tomography:陽電子放出断層撮影)を用いたがん治療の新たな光となり得る診断・治療法の紹介を行います。この手法の第一人者である畑澤順教授をゲストに迎え、その優れた点と実施に際しての壁となる日本の現状について語っていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ゲスト】畑澤 順さん(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 核医学 特任教授、大阪大学 核物理研究センター 次世代がん治療研究部門 特任教授)

【聞き手】川崎 ちひろ(大阪大学 医学系研究科 広報室)

【司会】坂野上 淳(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 企画室)

【プログラム】

10:00 開場・受付

10:30 トークセッション開始

11:40 質疑応答・ディスカッション

12:00 終了

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201911
次月へ
11月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • 植物探検隊
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • ラボカフェバナー
  • はんだいラボ
  • メールマガジン登録
  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学共創DAY@EXPOCITY
  • アウトリーチ活動支援情報
キーワードでイベント検索