ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島&鉄道芸術祭 「社会と表現の相互作用 ─ フィンランド近現代史と陶芸」

  • place その他
  • 文化・芸術
ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島&鉄道芸術祭 「社会と表現の相互作用 ─ フィンランド近現代史と陶芸」

中之島の文化拠点との連携プロジェクト第一弾として、大阪市立東洋陶磁美術館で現在開催中のフィンランド陶芸を紹介する特別展に合わせたトークを行います。フィンランド陶芸は、イギリスのアーツ・アンド・クラフツ運動の影響のもと、19世紀末にアテネウム(美術工芸中央学校)での作家育成や、アラビア製陶所の美術部門での自由な創作環境が独自の表現を生み、1940〜50年代にミラノトリエンナーレなどを舞台に高く評価されました。このようなフィンランド陶芸の発展は、その背景にある1917年のロシアからの独立や第二次世界大戦をはじめとする同時期の社会情勢と切り離して考えることはできません。 今回は、大阪市立東洋陶磁美術館の宮川智美氏に20世紀フィンランド陶芸の動向を紹介いただいた後、同国における第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期のナショナリズム運動を研究されてきた石野裕子氏をお招きし、フィンランドの社会情勢と芸術表現との関わりについて歴史的側面から考察します。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2019年9月16日(月) 14時00分から16時00分
会場 アートエリアB1(京阪電車中之島線・なにわ橋駅地下1階コンコース)
主催 大阪大学共創機構社学共創本部 異文化理解クラスター、アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株))
問い合わせ先 大阪大学21世紀懐徳堂

http://artarea-b1.jp/

ゲスト

石野裕子(国士舘大学文学部史学地理学科准教授)、宮川智美(大阪市立東洋陶磁美術館学芸員)


カフェマスター

當野能之(大阪大学言語文化研究科講師)、肥後楽(大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員)

主催

大阪大学共創機構社学共創本部 異文化理解クラスター

アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株))

共催

大阪大学大学院言語文化研究科 スウェーデン語研究室


共同企画

大阪市立東洋陶磁美術館


ラボカフェとは?

「ラボカフェ」は、京阪中之島線"なにわ橋駅"構内のコミュニティースペース「アート エリアB1」で、大阪大学が開催しているレクチャー&対話イベント。大阪大学の教員らがカフェマスターとなり、平日夜を中心に、哲学、アート、科学技術、 鉄道、マンガ、スポーツなど、多岐にわたるテーマで、ゲストや参加者のみなさんで語り合うカフェプログラムを提供しています。 http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/join/labcafe.php


アートエリアB1とは? http://artarea-b1.jp/

京阪電車中之島線建設中の2006年から、企業・大学・NPO法人が協同して、都市空 間における駅の可能性を模索する「中之島コミュニケーションカフェ」を実施。これを継承して2008年10月19日の開業を機に、なにわ橋駅の地下1階コ ンコースに「アートエリアB1」を開設しています。ここでは様々なプログラムを実施し「文化・芸術・知の創造と交流の場」を目指しています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※開場・受付は各回開始30分前より。

※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。

※一部のプログラムの主催・共催・協力等の表記は、本プロジェクトチームと各方面の共同により実施しているものです。

ページトップへ