データビリティフロンティア機構 シンポジウム「阪大と始めるビッグデータ共創」

  • place その他
  • その他
データビリティフロンティア機構 シンポジウム「阪大と始めるビッグデータ共創」

これからのビジネスにはデータの利活用が欠かせません。大阪大学のデータサイエンスや人工知能(AI)の研究者と連携することで、多種多様なデータの価値を高める可能性を探ってみませんか。講演に続いて、相談会も開催します。

カテゴリ その他
日時 2019年2月21日(木) 10時00分から13時00分
会場 グランフロント大阪北館タワーC8階  ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC Room C01+C02
主催 大阪大学データビリティフロンティア機構
問い合わせ先 大阪大学研究推進部研究機構支援課総務係

http://www.ids.osaka-u.ac.jp/20190221event/

データビリティフロンティア機構シンポジウム

「阪大と始めるビッグデータ共創」 ~データビリティサイエンスでビジネス改革を~

日時:2019年2月21日(木) 10:00 ~ 13:00 (開場 9:30)

場所: グランフロント大阪北館タワーC8階 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC Room C01+C02

第1部 10:00~12:00 シンポジウム

開会挨拶 八木 康史(機構長、大阪大学理事・副学長)

共創の基礎

「ビッグデータ活用の可能性と課題」  長原 一(教授)
「データ活用社会を支えるインフラ」   春本 要(教授)
「データ活用のための規制と倫理」   岸本 充生(教授)

共創の事例

スポーツデータ × データビリティサイエンス = 新たな価値
画像診断データ × データビリティサイエンス = 新たな価値
睡眠データ × データビリティサイエンス=新たな価値
芸術データ × データビリティサイエンス=新たな価値

共創人材の育成

データビリティサイエンス × 人材育成

閉会挨拶 下條 真司(副機構長)

第2部 12:00~13:00 共創相談会(軽食付き)

事前申し込み必要 こちらからお申し込みください。

ページトップへ