コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2018年 > 第21回コレギウム・ムジクム「ベーゼンドルファー1920を囲んで」(待兼山魅力アップ企画2018)

イベント情報

第21回コレギウム・ムジクム「ベーゼンドルファー1920を囲んで」(待兼山魅力アップ企画2018)

今回のワークショップでは、ピアノに関するレクチャーに加えて、皆さまに間近でベーゼンドルファー1920を見学していただきます。このピアノが誕生してから今までどのような歴史を歩んできたのか、現代のピアノとどのように違うのか、五感をフル活用して体験してください。 ※このプログラムは、演奏会ではありません。

第21回コレギウム・ムジクム「ベーゼンドルファー1920を囲んで」(待兼山魅力アップ企画2018)
カテゴリー
文化・芸術
日時
2018年10月30日(火) 17時30分から19時30分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
大阪大学会館 講堂(豊中キャンパス)
定員
100名
主催
大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂、大阪大学大学院文学研究科音楽学研究室
申し込み窓口
大阪大学21世紀懐徳堂
http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/piano_form
問い合わせ先
大阪大学21世紀懐徳堂
info@21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp

定員に達しましたので、申込受付を締め切りました。

 

大阪大学21世紀懐徳堂がおくる、待兼山魅力アップ企画2018

第21回コレギウム・ムジクム「ベーゼンドルファー1920を囲んで」

2011年、大阪大学会館のリニューアルオープンと共に会館内に設置されたグランドピアノは、
ウィーンの老舗メーカー・ベーゼンドルファー社による1920年製の楽器です。
低音が現代のピアノに比べて4鍵多く、豊かな響きを持つその音色は独特の魅力を持ち、
他でなかなか聴くことができない待兼山の貴重な宝物となっています。
今回のワークショップでは、ピアノに関するレクチャーに加えて、
皆さまに間近でピアノを見学していただきます。
このピアノが誕生してから今までどのような歴史を歩んできたのか、
現代のピアノとどのように違うのか、
五感をフル活用して体験してください。
※このプログラムは、演奏会ではありません。

日 時/2018年10月30日(火)17:30〜19:30
会 場/大阪大学会館 講堂(豊中キャンパス)
講 師/伊東信宏(大阪大学大学院文学研究科教授)
ゲスト/鷲野彰子(福岡県立大学人間社会学部准教授)

定 員/100名(要事前予約、申込先着順)
対 象/小学生以上
参加費/無料


※このワークショップは、平成30年度豊中魅力アップ助成金交付事業です。
 
 
20181030ベーゼン地図
 
豊中市待兼山町1-1 大阪大学会館 講堂
阪急石橋駅(急行停車します)より徒歩約15分。
大阪モノレール柴原駅より徒歩約20分。
 
 
条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201811
次月へ
11月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学共創DAY@EXPOCITY
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索