コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2018年 > シンポジウム「〈地域〉との共創:新たな〈地域〉研究の可能性ー日本・雲南・モンゴルの取り組みを中心にー

イベント情報

シンポジウム「〈地域〉との共創:新たな〈地域〉研究の可能性ー日本・雲南・モンゴルの取り組みを中心にー

本シンポジウムではこれまでに10年あまり地域とともに行ってきた研究教育活動を振り返り、新しい地域連携の可能性を探ります。具体的には、中国・雲南省やモンゴル、奈良県十津川村、兵庫県宍粟市、滋賀県山門水源の森における取り組みを振り返り、大学を含む多様なアクターとの協働や共創の在り方について皆さんと考えたいと思います。

シンポジウム「〈地域〉との共創:新たな〈地域〉研究の可能性ー日本・雲南・モンゴルの取り組みを中心にー
カテゴリー
その他
日時
2018年11月01日(木) 13時30分から18時00分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
コンベンションセンター第3(A)会議室
主催
グローバルイニシアティブセンター、地域研究コンソーシアム
後援等
共催:COデザインセンター、工学研究科 協力:21世紀懐徳堂
問い合わせ先
グローバルイニシアティブセンター 思沁夫(スチンフ)
yarugai@cgin.osaka-u.ac.jp

プログラム 

11 月 1 日(木) 

13:30~13:35 開会の挨拶:平田收正(大阪大学) 

13:35~14:25  基調講演:草郷孝好(関西大学)

「健康で幸せな地域づくりと協働型アクションリサーチ」

14:30~15:10  講演①:藤本秀弘(山門水源の森を次世代に引き継ぐ会) 

「環境保全の 30 年と大学との連携を振り返る」 

<休憩> 

15:20~16:00  講演②:福元晶三(宍粟市市長)

藤原誠(兵庫県宍粟市鷹巣活性化委員会) 「人口減少地域の挑戦と大学への期待」 

16:00~16:40  講演③:上須道徳(大阪大学)、向平眞司(十津川中学校)

「地域が抱える教育課題と社学連携の可能性 ― 十津川村の事例」

 <休憩> 

17:00~17:40  講演④:思沁夫(大阪大学)、若林真美(名古屋大学)

「“海外フィールドスタディプログラム”と地域との協働

― モンゴル、雲南、日本の事例を中心に ―」

17:40~17:50 質疑応答

17:50~18:00 閉会の挨拶:栗本修滋(大阪大学)

 

主催:大阪大学グローバルイニシアティブ・センター、JCAS(地域研究コンソーシアム)  

共催:大阪大学 CO デザインセンター、大阪大学大学院工学研究科 

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201812
次月へ
12月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学共創DAY@EXPOCITY
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索