「ないものにふれる~触覚からみえる世界~」~CSCDpresents知デリin アップルストア~

  • place その他
  • 科学・技術
「ないものにふれる~触覚からみえる世界~」~CSCDpresents知デリin アップルストア~

「知デリ」とは、大学と社会が連携して「知術」を人々に還元 (デリバリー)するトークプログラムです。このプロジェクトでは、さまざまな領域で活躍される方々と対話の機会を設け、各々の専門分野における「知識」や「技術」を参加者の方々と横断・交換することを通して、 新しい発想の創出やアイデアの実現に繋げることを目指しています。

カテゴリ 科学・技術
日時 2010年1月30日(土) 16時00分から18時00分
会場 アップルストア (心斎橋)
主催 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
問い合わせ先 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/chideri/

「ないものにふれる~触覚からみえる世界~」

テレビが皺まで映し出す時代、見たり触ったり嗅いだりしなくても、 「映像を見る= ホンモノを知ている」と思っていませんか。 「さわる」ことを見つめ直せば、気づかなかった日常が 現れるかもしれません。クッションや器など、身の回り にあるものの「質感」に注目した絵画作品を発表している伊庭靖子氏と、「触覚の錯覚」を研究しつつ、新しいメディア体験が出来る展示物も 発表する安藤英 由樹氏のお二人をゲストに迎え、「さわる」ことから、私たちと身の回りの世界を捉えなおす120分のトークプログラムです!

●日 時:2009年1月30日(土) 16:00~18:00
プレイベント 15:00~15:45 ←触覚の錯覚体験できます。

● 場所:Apple Store,shinsaibashi 2F シアター
大阪市中央区西心斎橋1-5-5アーバンBLD心斎橋
Tel:06-4963-4500
大 阪市営地下鉄 「心斎橋」 下車、御堂筋周防町 交差点の角
http://www.apple.com/jp/retail/shinsaibashi/map/



● 定 員:50名(入場無料/当日先着順)
備え付けの椅子は25席です。それ以降は立ち見になりますので予めご了承 ください。

ゲストプロフィール:
伊庭靖子(いばやすこ)
1967年京都府生まれ。美術家。  クッションや陶器な ど身近なものの質を確認するための試みとして、 それらの写真をモチーフに油彩やパステルなどで制作。近年は模様のあるものを描き、質の現れる場を探って いる。2001年文化庁在外研修員としてニューヨークに1年間制作滞在。VOCA展奨励賞、京都府文化賞奨励賞など受賞 。 2009年個展(神奈川県立近代美術館鎌倉)、 グループ展(資生堂ギャラリー「椿会2009」)等に出品。
現在、成安造形大学准教授。

安 藤英由樹(あんどうひでゆき)
大阪大学大学院情報科学研究科准教授 1974年岐阜県生まれ。平成11年 愛知工業大学大学院 工学系研究科修士課程修了。NTTコミュニケーション科学基礎研究所などを経て、 現在大阪大学大学院情報科学研究科准教授。博士(情報理工学)。 感覚 運動情報工学、VR、錯覚を利用したインタフェースの研究と制作に携わっている。 平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭アート部門、 優秀賞受 賞(「Touch the Invisibles」)。2009年 Ars Electronica INTERACTIVEART部門 AElectronicNTERACTIVEART部門 ElectroniTERACTIVEART部門、 HONORARY MENTION受賞(「Watch Me!」)

■主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
企画:知デリ学生スタッフ (米田千佐子 石井恵理 石田峰 洋 岡直哉 川西遥 鋤 納有実子 鈴木竜太 西尾真由子 野口結衣 橋本亮 松本ひとみ 森下和彦)
■制作:CSCDワーキングメンバー (小 林傳司 久保田テツ 木ノ下智恵子 仲谷美江)
■問い合わせ先 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)


〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16
T/06-6850-6631,32 F/06-4865-0121
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/

**********************************************************************************************

「知デリ」とは、大学と社会が連携して「知術」を人々に還元 (デリバリー)するトークプログラムです。 科学技術・哲学・アートなど多分野の専門家で構成される大阪大学コミュニケーションデザイン・セン ター(CSCD)では、“ コミュニケーションデザイン”という未知なる主題の実践的研究のために、「知術」というテーマを掲げ、その定義・意味や有用性について考察する「知術研究 プロジェ クト」を始動しました。 このプロジェクトでは、さまざまな領域で活躍される方々と対話の機会を設け、各々の専門分野における「知識」や「技術」を参加者 の方々と横断・交換することを通して、 新しい発想の創出やアイデアの実現に繋げることを目指しています。 2007年度から学生主体の企画も実施し、本プログラムも有志学生が企画しています。

**********************************************************************************************

このイベン トの詳細情報...

ページトップへ