アートエリアB1の「ラボカフェ」で、「マンガカフェ」を開催します!

  • place その他
  • 文化・芸術
アートエリアB1の「ラボカフェ」で、「マンガカフェ」を開催します!

レクチャー&対話プログラム「ラボカフェ」で、「マンガカフェ」を開催します。マンガ×大学×文化をテーマに、ゲストとともに真面目に楽しく語り合っていきます。シリーズ第3回となる今回のテーマは「マンガとオカルト」。マンガと切っても切れない深い縁にあるオカルトについて、橋本順光准教授を迎え、ディープに語らいましょう。みなさまのご参加をお待ちしています。

カテゴリ 文化・芸術
日時 2010年2月28日(日) 15時00分から17時00分
会場 アートエリアB1
定員 30名
主催 アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道株式会社)
問い合わせ先 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)

オカルト—それは、“隠されたもの”という意味を持っています。私たち人間は、あ りふれた日常生活の背後に、「何か隠された真実があるのではないか」とついつい考えてしまう、そんな“本能”をもった生き物なのかもしれません。妖怪、心霊現象、 超能力、UFO、宇宙人、ネッシー、つちのこ、雪男、オーパーツ……様々なオカルト・アイテムを日本マンガは次々と取り入れ、ブームを巻き起こしてきました。マンガと オカルト、それは切っても切れない深〜い関係にあると言えるでしょう。

第3回マンガカフェでは、この“オカルト”をテーマに取り上げ、『オカルトの惑星—1980年代、も う一つの世界地図』(青弓社2009)の著者の一人である橋本順光さんをゲストに迎えてディープなトークを展開します。

ゲスト/橋本順光(大阪大学大学院文学研究科准教授)

カフェマスター/金水敏(大阪大学CSCDセンター長)、表智之(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)、伊藤遊(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)

ページトップへ