国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状

  • place その他
  • その他
国民国家システムの限界と地域ガヴァナンスの現状

1970年代以降の世界経済の構造的変化は、国境を越えた資本と労働力の移動を促し、旧来の国民経済概念を大きく変貌させた。今回の研究会では、「破綻国家」を巡る議論を批判し、国民国家が統治能力を喪失しつつある現状を各地の事例から確認することを試みたい。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

カテゴリ その他
日時 2010年2月20日(土) 13時00分から17時00分
会場 千里ライフサイエンスセンター 701会議室 http://www.senrilc.co.jp/access/access.html
主催 大阪大学世界言語研究センター「民族紛争の背景に関する地政学的研究」プロジェクト
問い合わせ先 民族紛争の背景に関する地政学的研究プロジェクト事務局

http://www.world-lang.osaka-u.ac.jp/user/liccosec/about/activities/flyer100220.pdf
報 告 1 : 佐原 徹哉 (明治大学政治経済学部)        「グローバリゼーションと限界国家」 報 告 2 : 森元 晶文 (明治大学商学部)        「ASEANにおける新しい安全保障概念の課題」 報 告 3 : 近藤 光博 (日本女子大学文学部)        「(未定)」 報 告 4 : 床呂 郁哉 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)        「ミンダナオの忘れられた戦争―フィリピン南部のムスリム分離主義運動をめぐって」 コメンテーター: 土佐 弘之 (神戸大学大学院国際協力研究科)            崎山 政毅 (立命館大学文学部) 司会者: 古谷 大輔 (大阪大学世界言語研究センター) ※ 参加無料

ページトップへ