コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント > 2010年 > 第2回アジア循環型社会の形成‐文理対話型研究報告― GLOCOL・RISSの若手研究者による挑戦 ―

イベント情報

第2回アジア循環型社会の形成‐文理対話型研究報告― GLOCOL・RISSの若手研究者による挑戦 ―

温暖化に象徴される地球規模の環境問題や種の絶滅・生態的な多様性の損失、世界金融ショックなどによって新たな危機に直面している。これらの問題は互に絡み合い、大変複雑な様相を呈しているため、その理解と解決のために、今回、「知の横断」と「新たな社会的合意」を堅持しつつ、新しいアプローチと視野の提供する場とします。 関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。 

第2回アジア循環型社会の形成‐文理対話型研究報告― GLOCOL・RISSの若手研究者による挑戦 ―
カテゴリー
その他
日時
2010年02月11日(木)から2010年02月12日(金)
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
大阪大学先端科学イノベーションセンター先導的研究棟2F会議室(吹田キャンパス)
主催
大阪大学グローバルコラボレーションセンター・大阪大学サスティナビリティ・サイエンス研究機構
問い合わせ先
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
jimu@glocol.osaka-u.ac.jp
http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/index.html

アジアには、それぞれの地域の自然条件に応じて形成された多様な文化と生活形態が存在しており、その広い範囲に循環的・持続的な思想を見出すことができる。しかしながら、人間活動の過度な拡大やグローバリゼーションによって、従来の生活形態や思想が失われてきており、温暖化に象徴される地球規模の環境問題や種の絶滅・生態的な多様性の損失、世界金融ショックなどによって新たな危機に直面している。これらの問題は互に絡み合い、大変複雑な様相を呈しているため、その理解と解決のためには新しいアプローチと視野が求められている。今回はわれわれが目標にしている「知の横断」と「新たな社会的合意」を堅持しつつ、昨年の第1回のワークショップで頂いた貴重なコメント、指摘、意見に応える取り組みと新たな調査研究の成果を報告する。

 

第49回GLOCOLセミナー
サステイナビリティ・サイエンス研究機構:人間の安全保障ワークショップ
第2回アジア循環型社会の形成‐文理対話型研究報告
 ―GLOCOL・RISSの若手研究者による挑戦―

2010年2月11日(木)・12日(金)14:00~17:30
参加無料・事前申込不要

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
20198
次月へ
8月
4
111213141617
18192022

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • 植物探検隊
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • ラボカフェバナー
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • はんだいラボ
  • メールマガジン登録
  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学共創DAY@EXPOCITY
  • アウトリーチ活動支援情報
キーワードでイベント検索