コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント > 2019年 > 紫式部─『源氏物語』作者の《伝説》─(2019年度春期 大阪・京都文化講座 第3回)

イベント情報

紫式部─『源氏物語』作者の《伝説》─(2019年度春期 大阪・京都文化講座 第3回)

滋賀県大津市の石山寺には、紫式部がその地で『源氏物語』を書きおこしたという言い伝えがあります。名高い「源氏の間」は、江戸時代にも、京の公家たちが憧れる観光名所でした。紫式部と『源氏物語』をめぐるさまざまな《伝説》にせまります。

紫式部─『源氏物語』作者の《伝説》─(2019年度春期 大阪・京都文化講座 第3回)
カテゴリー
文化・芸術
日時
2019年05月27日(月) 14時00分から15時40分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
立命館大阪梅田キャンパス(大阪富国生命ビル5階/大阪市北区小松原町2-4)
定員
100名(要事前申込・先着順)
主催
大阪大学大学院文学研究科、大阪大学21世紀懐徳堂、立命館大学文学部
問い合わせ先
立命館大阪梅田キャンパス
acr02@st.ritsumei.ac.jp
http://www.ritsumei.ac.jp/acr/lecture/detail/index.html/?id=95

チラシはこちらから


2019年春期 共通テーマ「大阪・京都<偉人伝> -古代・中世編- 

古代より宮都、寺内町、城下町、商都へと遍歴を重ねた大坂。千年の都として日本の政治・文化の中心地であり続けた京都。二つの大都市を抱える大阪・京都には、いまに語り継がれる歴史上の<偉人>が数多く登場しました。春期の講座は、大阪・京都にゆかりの深い古代・中世の<偉人>8人に光をあて、その事績と実像に迫ります。歴史、文学、考古学の研究者の厳密な資史料分析と透徹した目を通じて、通説や俗説とはまた違った臨場感あふれる<偉人>伝が語られることでしょう。はるか昔からこの地で繰り広げられてきた人間ドラマに思いをはせながら、歴史の醍醐味を味わうひとときをお楽しみ下さい。

  

コーディネーター:

福永伸哉(大阪大学大学院文学研究科教授)、上野隆三(立命館大学文学部教授)


※詳細は以下のページをご確認下さい

http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/osaka-kyoto  

 

第3回 講師:川崎 佐知子(立命館大学 文学部教授)

受講料:1,700円/1講座 (全8講座一括申込・振込の場合、12,000円)

定員:100名/1講座 (要事前申込・先着順)※定員になり次第、締め切らせていただきます。


申込先:

以下のHPよりお申し込みください(立命館大阪梅田キャンパス)

http://www.ritsumei.ac.jp/acr/lecture/detail/index.html/?id=95

 

問合せ:立命館アカデミックセンター事務局        

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp

 

 

 

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
20198
次月へ
8月
4
111213141617
18192022

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • 植物探検隊
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • ラボカフェバナー
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • はんだいラボ
  • メールマガジン登録
  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学共創DAY@EXPOCITY
  • アウトリーチ活動支援情報
キーワードでイベント検索