ラボカフェ プログラム学内公募のご案内

「ラボカフェ」とは、大学のアウトリーチ活動として実践する対話プログラムです。
本学の教職員および学生が企画する「カフェプログラム」を募集します。

実施場所:「アートエリアB1」

(京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース)

「ラボカフェ」の学内公募について

今日、大学は、さまざまな形で社会へのアカウンタビリティが求められています。このことを踏まえ、2006 年度より本学コミュニケーションデザイン・センターが主体となり、企業とNPO と協働した社学連携プロジェクトを実施してきました。そして2008 年度より、常設型のコミュニケーションスペース「アートエリアB1」(京阪電車なにわ橋駅地下1 階コンコース)を運営しています。

「ラボカフェ」とは、大学のアウトリーチ活動として実践する対話プログラムです。こうした試みは、研究の社会還元と社会人を対象とした都市におけるセルフラーニングの場の形成のひとつであると考えます。このようなカフェプログラムは、研究者の視点を社会に開き、参加者との対話を通じて研究者自身が新たに発見し次の活動に繋げていくこと、そして大阪大学の「知」のありさまを一般の人びとに広く理解してもらう機会となるという意味でも、有意義な活動であると考えています。

そこで、本学の教職員および学生が企画する「カフェプログラム」を募集します。

「カフェプログラム」について(ガイドライン)

  • 啓蒙啓発活動ではありません。一般の方が対象であり、専門知識を持つ者、持たない者がフラットな関係にあり、設定された主題/テーマを共に探求することができる場です。
  • 話題提供者と参加者、参加者同士の質疑、意見交換、議論といったディスカッションなど、双方向のコミュニケーションをとることに重きを置いています。
  • 公開講座や授業のように、話者と聞き手の関係性が一方的な講義の場ではありません。
  • 多様な対話の場(トークセッション、ワークショップ、シンポジウム、オープンミーティングなど)としてご利用ください。(ページ下部に事例を記載していますのでご参照ください)
  • 10月より当面の間、感染防止対策を踏まえて会場内定員を設定した上で、「実来場観覧」と「オンライン観覧(配信)」を併用してラボカフェを開催します。学内公募をご検討の際には、「2020年10月以降のプログラム実施に関するガイドライン」をご確認・ご了承のうえ、申込をお願いいたします。

採用までの流れとスケジュール

公募は随時行います。プログラム実施希望月の3ヶ月前の末日を応募締め切りとします。
(例:「7月中」実施希望ならば…4月末日までにご応募ください。)

  • ひと月あたりの公募企画の実施は、2~3プログラムを予定しており、応募多数の場合は調整させていただきます。
  • 応募いただいた企画は「アートエリアB1 運営委員会」で選考させていただきます。

※スケジュールについては今後変更の可能性があります。

schedule




応募条件

「ラボカフェ」の実施は、以下の項目を満たすものに限られます。

  • 上記「カフェプログラム」ガイドラインに準拠していること。
  • 実施時に、本学助教以上の教員あるいは職員の責任者1名以上が常駐可能であること。(ただし、招へい教員及び学外での企画・プログラムの未経験者は、共同責任者として受入れ担当者や所属部局等の教職員1名をおくこと。)
  • 責任者が、プログラムの準備と実施、広報情報の共有、「アートエリアB1 使用申込書/報告書」の提出などのために、アートエリアB1 管理スタッフとの連絡調整等が可能であること。
  • 開催当日の会場設営・受付準備・機材セッティング・接客・プログラム実施・撤収など、一連の作業をプログラム企画者で行えること。

注意事項

  • プログラム提案時までに、「ラボカフェ」を見学されることをお勧めします。
  • 各所との調整が必要な場合がありますので、実施日は第三希望まで候補日を設定してください。「ラボカフェ」実施可能時間は10:00~21:30(準備・片付けを含む) です。
  • 応募企画とそれ以外のプログラム(アートプロジェクトや情報展示等)が併設実施される場合がありますのでご了承ください。
  • 会場使用料は無料です。その他のプログラム実施に関する経費(ゲスト謝金、旅費、資料代等)はプログラム企画者でご負担いただきます。
  • 広報に関しては、「ラボカフェ」全体及び「アートエリアB1」のチラシ/ウェブは制作いたします。その他の独自広報をご計画の場合は、事前にご相談ください。
  • 参加費・資料代等の徴収は可能ですが、非営利で運営しておりますので、事前の申請及び事後報告等が必要になりますことを、あらかじめご了承ください(あわせて、学内規定や実施経費の定めを必ずご確認ください)。
  • 物販で徴収された金額の10%は、会場運営費として納金していただきます。
  • 対話型カフェの場合、10~100人程度を目安にお考えください。なお、会場は最大で200人程度収容可能です。対象者が150名以上の場合は、別途、音響等の専門スタッフの手配が必要です。アートエリアB1にて手配・お見積りしますので、企画段階でご相談ください。

主催/共催等の位置づけについて

広報物掲載時の必須事項
「応募企画」の主催、企画制作等:「ラボカフェ」の主催者名の前に応募者あるいは応募組織、関係団体等の名称が記載されます

「ラボカフェ」の主催:アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株))
企画制作:大阪大学共創機構社学共創部門/NPO法人ダンスボックス

「アートエリアB1(ビーワン)」とは

ロゴ

「アートエリアB1」は、「大阪大学」と「京阪ホールディングス株式会社」、地域のアートNPO である「ダンスボックス」の三者が協働で運営する、社学連携型のコミュニケーションスペースです。大学の知を社会に還元し、都市空間における文化芸術の発信地となることを目指し、2008 年10 月に京阪電車「なにわ橋駅」の地下1 階コンコースに誕生しました。対話プログラム「ラボカフェ」等の実施を通じて、学術・知の交流、アートや文化、情報の交換を促進し、にぎわいを創出することで、コミュニケーションスペースとしての駅の役割を追求しています。

所在地  大阪市北区中之島1-1-1
休館日  月曜日(祝日の際は翌日) 及び年末年始

※専用駐車場はありません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

公式ホームページは こちら

「ラボカフェ」実施エリア

ロビー(下図ピンク色のエリア)をご使用ください。

見取り図

  • 面積:約110 平米
  • 寸法:約8.5×13×(高さ)3.5m
  • 対象人数の目安:10~50 名程度

写真

アクセス

京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース
(地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)

アクセス

応募方法

応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、下記メールアドレスまでご提出ください。

応募用紙(ワードdocx形式/80KB)

応募用紙 記入例(PDF形式/401KB)

ご応募/お問い合わせ先

「大阪大学共創機構社学共創部門」
メールアドレス labcafe★21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp(★を@に変えてください)

「ラボカフェ」
主催 アートエリアB1[大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株)]
企画制作 大阪大学共創機構社学共創部門/NPO法人ダンスボックス

参考情報

パンフレット

パンフレットデータをダウンロードしていただけます。これまでの「ラボカフェ」実施例等を掲載しています。

パンフレット(pdf形式/1.5MB)


これまでのプログラム実施例

阪大生イノベーションカフェ







▲阪大生イノベーションカフェ
「生命が織りなす次世代テクノロジー」

大阪大学博士課程の学生たちが生命に関係する未来のテクノロジーを紹介。生命をどのように工学的に応用するのか。会場では専門知識をわかりやすく解説しながら、会場のみなさんと様々な意見を交わしました。

月の科学の最前線






▲日本惑星科学会 公開講演会
「月の科学の最前線」

「お月見」、「潮の満ち引き」など、私たちの暮らしにとても馴染み深い「月」。最新の観測/分析/シュミレーション計算結果を交えながら、「月の科学の最前線」について紹介しました。

創造的人生考その1








▲ライフワーク:創造的人生考シリーズその1
「国枝かつらさんを招いて」

ワイフワークとは、既存の制度や仕組みではなく、自分の価値観や基準にもとづいた働き方・生き方を、有機的に形成・蓄積していく“創造的な人生”を意味します。本シリーズでは、多様なゲストとともに同時代と未来の生き方について考察を深めています。

アクトとプレイで学びほぐす








▲ラボカフェ「アクトとプレイで学びほぐす-記憶とドキュメント・アクション」
ポスト・ドラマ演劇WS「演技を、形から物語へ」
大阪大学で上演されたひとり芝居「在日バイタルチェック」の振り付けのレクチャーを受けた後、実際に自分たちで踊りを再現しました。身体的なパフォーマンスを通して、創作の意図や当事者性について考えました。

歌とユカラ☆アイヌ文化








▲ラボカフェスペシャル/縁とムスビの展覧会“あぐり展”
「歌とユカラ☆アイヌ文化」

展覧会あぐり展の関連企画として、アイヌ民族博物館(北海道シラオイ)の山田美郷さんをお迎えし、アイヌに伝わるユカラ(神謡)を通じて、アイヌの文化と歴史を考え直す機会となりました。

ひとこといちば







▲ひとこといちば
「スポーツの怪我を防ぐ運動制御的チャレンジ」

人間が運動を学習するとき、そこにはどのようなメカニズムが働いているのか、どうすれば怪我を予防できるのか。専門家をお招きし、身近な例を用いつつディスカッションしました。

ページトップへ