[イベントレポート]Handai-Asahi中之島塾「睡眠を科学する 〜よりよい睡眠をとるために」

「睡眠を科学する 〜よりよい睡眠をとるために」開講レポートです

2015年10月21日(水)、中之島センターにて 「睡眠を科学する~よりよい睡眠をとるために」 を開講しました。講師は大阪大学保健センター准教授 足立浩祥先生。55名の受講生が集まりました。

151021HA中之島塾講義風景

講座では、睡眠に関して我々がよく知っている習慣の科学的根拠を分かりやすく解説していただきました。

例えば、毎朝規則正しい時間に起床することが何故よいのかというと、

1)おきている時間をしっかりとると質の良い睡眠が確保される

→おきている間、脳の中に睡眠物質がたまっていって、眠くなります。つまり覚醒時間を確保して睡眠物質をしっかりためないと、きちんと眠れないのです。

2)朝決まった時間におきると体内時計がリセットされる

→人間の体内時計はもともと25時間弱で動いていて、外からの刺激がなにもないと1時間くらいずつずれて行ってしまうそうです。毎朝きまった時間におきて、体内時計をリセットし、24時間のリズムをつくることが大切なのです。

子供の頃から朝決まった時間におきましょうと言われ続けてきましたが、科学的根拠があるんですね。

講座は、先生からの、
1)睡眠に関する正しい知識とそれに基づく生活習慣の改善が健康増進と疾病予防につながる
2)睡眠に問題が生じたときは科学的な根拠のある知識に基づいて生活改善を行うことが大切である

というメッセージで締めくくられました。

151021HA中之島塾講義風景

厚生労働省健康局から「健康づくりのための睡眠指針2014」という報告が出ています。

健康づくりのための睡眠指針2014 - 厚生労働省

(PDFファイルにリンクしています)

ご興味ある方は是非どうぞ。

文責:21世紀懐徳堂 中込

_________________

Handai-Asahi中之島塾についての詳細は こちら をご覧ください!

ページトップへ