ハンダイ映像祭2014 公式HP

ハンダイ映像祭2014の上映会・表彰セレモニーをご案内しております。

ハンダイ映像祭2014
― テーマ 「◯◯のCM」 ―

上映会・表彰セレモニーを開催いたしました。

表彰式後の集合写真

12月7日(日)グランフロント大阪アクティブスタジオにおいて応募作品の上映会を行い、
審査の結果、次の作品に各賞を
授与いたしました。

ご応募いただいた方、会場にお越しいただいた方々にお礼申し上げます。

(作品名をクリックするとyoutubeに掲載した作品をご覧いただけます。)

【グ ラ ン プ リ (adobe賞)】
【テーマ賞(公共メッセージ)】
【  観  客  賞  】
大阪大学放送研究会
「音漏れ、気づいてる?」

【   準 グ ラ ン プ リ   】
基礎セミ TEAM-B
「君の奏でる音は?」

【テーマ賞(大阪大学)】
グルーブC
「阪大生は自由だ」

【テーマ賞( 大 阪 )】
劇団六風館
「借  景」

【テーマ賞( 自 分 )】
Robohan
「RobohanのCM」

【 石 橋 商 店 会 賞 】
きむちTV
「I Am Himejin(姫路人)」

【 WASHIDA賞 】
天使と愉快な下僕たち
「Go college Go challenge!!」

ハンダイ映像祭2014 flyer(上映会編)

開催日:2014年12月7日(日)13:00-17:00
場  所:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル The Lab.2F
アクティブスタジオ(大阪市北区大深町3-1(JR大阪駅北側)
※ 入場無料
【イベントスケジュール】
13:00 フリータイム
(応募作品リピート上映 全28作品のリピート上映です)
14:30 メインイベント 応募作品上映会・審査
(司会者が入るメインイベントスタートです。
応募作品上映と審査を行います。)
15:30   <休 憩>
15:40 特別トークプログラム
「企業が考える今どきのCM
~話題にならなきゃ意味がない?~」
ゲスト:株式会社ミニミニ 総合企画室
室長 村木隆司さま
16:10   <休 憩>
16:15 審査結果発表・表彰セレモニー
(グランプリ及び各賞が決定します。)
※ 上映作品などを掲載した当日のパンフレットは こちら から

みなさまのお越しをお待ちしております。

また、上映会・表彰セレモニーの模様は、Ustreamで配信いたします。
13:00-       タッキー816みのおエフエム「まちのラジオ」
の収録
(当日の模様を後日お伝えするための収録
です。)
14:30-15:30 メインイベント・上映会
(特別トークの配信はございません。会場にてお楽しみください)
16:15-17:00 審査結果発表・表彰セレモニー
こちらからもぜひご参加ください。

Facebookページ http://www.facebook.com/Handaimf2014
Twitter https://twitter.com/HandaiMF

----contents----

1.   趣旨・概要

2.   応募資格

3.   募集作品

4.   募集期間・応募方法

5.   機材の貸し出し等について

6.   撮影・編集上の注意

7.   審査および表彰について

8.   上映会・表彰セレモニー

参考情報 1: 著作権等 Q and A

参考情報 2: O+PUS(オーパス)のコンテンツに関するガイドライン

1. 趣旨・概要

2010年、2011年に行われた「イシバシ・ハンダイ映画祭」、そして2011年に行われた「大阪大学80周年O+PUS映像コンテスト」が合体、2012年に新しく「ハンダイ映像祭」がスタートしました。そして2014年、今年も「ハンダイ映像祭」を実施いたします。今回は、「〇〇のCM」というテーマで3分以内の映像作品を募集し、上映会・表彰セレモニーを行うこととしました。 学生にとっては、映像作品を作るという芸術的活動に触れるだけでなく、著作権問題に接し、課題解決やチームワーク、リーダーシップを養成するよい訓練の機会となるでしょう。

完成した作品は、学内で映像表示施設(O+PUS)により公開されるのみならず、YouTube等を用いて全世界に発信します。

みなさまのご参加を心からお待ちしています。

主催: 「ハンダイ映像祭」実行委員会、大阪大学21世紀懐徳堂、大阪大学クリエイティブユニット

代表メールアドレス: hmf2014★21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp (★を@に変えてください)

公式HP: http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/hmf2014/main

協力: 一般社団法人ナレッジキャピタル

学生協力団体: 映画研究部

後援: Adobe

著作権等監修: 村上画里(大阪大学知的財産センター)

2. 応募資格

大阪大学に関連するすべての方 (阪大生、教職員、生協・レストラン職員、卒業生、保護者、受験生等(以下、「阪大関係者」)、及び 大学生(他大学可) が応募できます。阪大関係者として応募する場合、チーム代表者(一人参加の場合も含む)は阪大関係者としますが、メンバーに阪大関係者以外の方を含めてもかまいません。
また、今回、ご協力いただいている一般社団法人 ナレッジキャピタル 及び 参画されている団体 も応募いただけます。

応募費用は無料ですが、撮影のための費用は応募者の自己負担とします(大阪大学学生・院生・教職員を対象とした機材の貸し出しはあります( 「5. 機材の貸し出し等について」参照 ))。

3. 募集作品

テーマ「〇〇のCM」

(a)〜(d)のいずれかのテーマに沿った映像作品を募集します。

(a) 大阪大学 (b) 大阪 (c) 公共メッセージ (d) 自分

応募者によって作成された、3分以内の未発表、オリジナルのCM作品であり、他のコンテストで受賞歴のないものとします。

作品はデジタル・ファイルにて提出してください。ファイル形式はフルハイビジョンサイズのMP4のみとします。

なお、作品の著作権は応募者に帰属しますが、複製権、上映権、公衆送信権を大阪大学が行使することを許諾していただくものとします( 参考情報1:「著作権等Q and A」 参照)。

また、募集作品は 参考情報2:「 O+PUSのコンテンツに関するガイドライン を満たすものとします。

4. 募集期間・応募方法

エントリー期間:

2014年11月13日(木)

次のフォームに必要事項を入力して送信してください。
ハンダイ映像祭2014作品応募エントリーフォーム

※ エントリー受付は終了しました。

作品提出フォーム入力・作品提出締め切り:

2014年11月20日(木)正午

次のフォームに作品の概要等を入力して送信してください。
ハンダイ映像祭2014作品提出フォーム

※ 作品受付は終了しました。

    • 必ず期限内に大阪大学21世紀懐徳堂HP内のWebフォームにてエントリーし、作品完成時に作品提出フォームに入力の上、作品データを郵送または大阪大学21世紀懐徳堂まで直接提出してください。
      ※ 郵送の場合も、締め切り日時までに必着のこと

    • 作品完成後、作品データを収めたメディア(DVD-Rなど)とともに、Web作品説明フォーム送信時にお送りするメール(メールの件名に「ハンダイ映像祭2014作品提出フォームを受け取りました。」と記載)をプリントしたものを同封し提出していただきます。
      提出先は大阪大学21世紀懐徳堂です。
    • 【提出先】

      〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-13 大阪大学会館内
      大阪大学21世紀懐徳堂  ハンダイ映像祭2014係
      【アクセス】
      大阪大学21世紀懐徳堂
      (大阪大学会館1階)
      http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/access

    • 作品データを収めたメディアにはチーム名又は代表者名と作品名、発行された番号(前述のメールに「<NO.>」記載)を書いて下さい。
    • 次のような内容を含む作品については、応募をお断りすることがありますのでご注意ください。
    • ・ 著作権・肖像権等の侵害の恐れがあるもの。
      ・ その他、日本国の法令に違反している恐れがあるもの。
      ・ 公序良俗に反するもの。
      ・ 特定の人物・団体等への誹謗・中傷を含むもの。
      ・ 性差別、人種・国籍差別等、差別や偏見を助長するおそれのあるもの。
      ・ 特定の思想・信条・宗教等に著しく偏った内容をもつもの。

5. 機材の貸し出し等について

大阪大学の学生・教職員を対象に、次の機材貸出を行います。

ビデオカメラ・三脚:
大阪大学21世紀懐徳堂事務室で貸し出します。貸し出しの方法については、事務室でお確かめ ください。

Canon ivis HF M31(Canonホームページへリンク)

貸し出し可能なムービーカメラの仕様、操作方法は、メーカーのホームページでご確認ください。

編集機材:

    文学研究科メディアラボの機材が使用できますが、利用のためにはライセンスが必要です。また、利用に際しては、メディアラボの利用規則に従っていただきます。くわしくは次のサイトをご参照ください。
    また、編集機材の使用についての詳細は、メディアラボ担当の特任研究員(嶺倉)におたずねください。

    http://www.let.osaka-u.ac.jp/medialab/

6. 撮影・編集上の注意

  • 撮影にあたっては、法令や社会規範等を遵守し、トラブルのないよう留意してください。なお、主催者はいかなる場合においても、作品作製におけるトラブルに対し、一切の責任を負いません。

  • 著作権、肖像権の侵害にならないよう、十分注意してください。詳しくは、 参考情報1:「著作権等Q and A」 をご覧下さい。

  • 大阪大学キャンパスの建物を外から撮影するのは自由ですが、建物内部を撮影する場合は、許諾が必要な場合があります。建物の管理者だけでなく、各フロアの研究室に許諾を取らなければならない場合もあります。確認を怠らないように気をつけてください。

  • 学内で撮影する場合は、授業や実験等の妨げにならないように気をつけてください。

  • 撮影には危険が伴うことがあります。安全には十分気をつけてください。

7. 審査および表彰について

応募された作品を審査員によって審査のうえ、グランプリを含む各賞を決定し、表彰いたします。
審査員は今後のハンダイ映像祭公式HPでのお知らせをご覧ください。

8. 上映会・表彰セレモニー

日時:2014年12月7日(日)13:00-17:00

場所:グランフロント大阪(北館2階)アクティブスタジオ
(〒530-0011 大阪市北区大深町3-1)

審査員、応募者、一般参加者を招いてのイベントです。応募作品の上映、各賞の発表、記念品の授与等を行います。

お問い合わせ・応募先

  • お問合わせ先:「ハンダイ映像祭」実行委員会
  • 代表メールアドレス: hmf2014★21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp (★を@に変えて下さい)

    公式HP: http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/hmf2014/main

  • 受付窓口:大阪大学21世紀懐徳堂 (大阪大学会館1階)
  • http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/access

    参考情報

    1. 著作権等Q and A

    2. O+PUS(オーパス)のコンテンツに関するガイドライン

    ハンダイ映像祭実行委員会 教員メンバー:金水 敏、伊藤雄一、久保田テツ、中村征樹、浅井和広、嶺倉 豊 学生メンバー:大西萌木、岡田 暉、坂口ピーター、下田啓太、鳥山僚太、 西田涼香 、東 顕洋、道端奈津美


    「ハンダイ映像祭2014」の Facebookページと Twitter もご参照ください。

    Facebookページ
    http://www.facebook.com/Handaimf2014

    Twitter
    https://twitter.com/HandaiMF

    「ハンダイ映像祭2013」受賞作品は、こちらで見ることができます。
    ハンダイ映像祭 公式HP(上映会編2)


    「ハンダイ映像祭2012」の作品は、YouTubeのチャンネルで見ることができます。
    http://www.youtube.com/user/handaimoviefes

    2010年、2011年「イシバシ・ハンダイ映画祭」の優秀作品は、YouTubeのチャンネルihfesで見ることができます。
    http://www.youtube.com/user/ihfes/videos


    「大阪大学80周年記念O+PUS映像コンテスト」の優秀作品は、YouTubeのチャンネルOsakaUnivOpusで見ることができます。
    http://www.youtube.com/user/OsakaUnivOpus

    ページトップへ