コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > アウトリーチ > 実例・ノウハウ|研究者総覧(社会活動欄)への実績入力

実例・ノウハウ|研究者総覧(社会活動欄)への実績入力

研究者総覧・社会活動の代理入力 <概要>

実施後のアウトリーチ活動を、教員個人の大阪大学研究者総覧に代理で入力する。

支援対象: 学内の全教員
支援内容: アウトリーチ活動情報の収集・代理入力

アウトリーチ活動は「やりっぱなし」にせず、教育・研究の実績と同様、積極的に記録に残していきましょう。その方法のひとつとして「研究者総覧」の活用は重要です。アウトリーチ活動の情報をデータベース上に蓄積し、学内・学外に周知していくことは、大阪大学全体の社学連携活動への取組の充実度を社会にアピールすることにつながります。


21 世紀懐徳堂では随時、大阪大学公式 HP、各種チラシ等で大阪大学教員のアウトリーチ活動情報を収集しています。収集した本学教員のアウトリーチ活動情報は、教員個人に代理入力の可否を問い合わせた上、承認いただいた情報を研究者総覧の「社会活動」の欄に代理で入力しています。これにより、アウトリーチ活動情報の記録・公開における教職員の負担軽減を目指しています。


21世紀懐徳堂では随時(月2回程度)、大学HPやチラシによりアウトリーチ活動情報を収集していますが、教員のみなさまからの情報提供もお待ちしています。登録希望のアウトリーチ活動情報がある場合は、下記までご一報ください。

dairi_outreach★21c-kaitokudo.osaka- u.ac.jp(★を@に変えてください)


登録できるアウトリーチ活動の例

  • 中学高校への出前授業
  • サイエンスカフェ、公開講座
  • 一般公開のシンポジウムへの登壇など

※21世紀懐徳堂による代理入力が可能なページは、「社会活動」欄に限られます。
※代理入力の際には、イベントタイトル、講演タイトル、実施年・月が必要です。
例)○○高校模擬授業 「講演タイトル」 2016年2月
  ○○市民講座   「講演タイトル」 2016年11月


※一度代理入力の許可をいただいた場合、以後の代理入力にあたっても許可いただいたものとして引き続き代理入力をさせていただきます。

ドキュメントアクション