コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > ニュース一覧 > 2015 > [イベントレポート]大阪大学シンポジウムを開催しました

[イベントレポート]大阪大学シンポジウムを開催しました

2015年12月20日(日)に開催した、大阪大学シンポジウム「成熟する社会の生態系(ネットワーク)~クリエイティブアイランド中之島の共創に向けて」の開催レポートです。

 

 12月20日(日)、「大阪大学シンポジウム」を大阪国際会議場で開催しました。

 当日は、年末の休日にもかかわらず350席の会場をほぼ満席にする参加者のみなさまにご来場いただきました。

 今回のシンポジウムは「成熟する社会の生態系(ネットワーク)~クリエイティブアイランド中之島の共創に向けて」というテーマのもと、大阪大学発祥の地である中之島のこれまでと、これからについて、教育、文化、芸術、マスメディア、交通、情報発信など様々な視点から、登壇者に語り合っていただきました。

null
 第1部では、世界的に活躍されている美術家の森村泰昌さんにご登壇いただきました。

森村さんが育った路地のある「まち」の話、市民目線での「町」の在り方、開発されていく「街」の可能性などを、「『路地』スティックな都市文化論」と題してお話いただきました。

 森村さんの経験に基づいた「まち・町・街」の関係性や、街づくりはロジスティックであることなど、美術家の視点からのまちづくり、という考え方をうかがうことができました。

 

 第2部の前半では、中之島を代表する企業等から京阪電気鉄道の加藤好文社長、朝日新聞大阪本社の後藤尚雄代表、国立国際美術館の山梨俊夫館長、朝日放送の脇阪聰史社長と本学の西尾章治郎総長が登壇し、中之島でのそれぞれの組織の活動や歴史、将来の展望、大学との連携の在り方などの話題提供がありました。

20151220ディスカッション風景

 

 引き続く後半は、前半の話題提供を受け、「中之島のポテンシャルを高めるための、各組織間のネットワークの可能性をどのように考えるのか」、「地域に大学があることの意義と期待」といった話題でディスカッションを行いました。

 

20151220質問風景

 

 会場内の森村さんからは「中之島というエリアをイメージづけるために必要なもの」の提起をいただいたり、参加された方から寄せられた「中之島の活性化には大学生の力を借りるべき」や「他の都市と比較したときの中之島の特徴」といった意見や質問を交えつつ議論が交わされました。

 

 

 

 中之島というエリアの展望を通して、さまざまな機能がつながりをもって地域を形作っているということ、また、その意識を持ってまちづくりをしていくことの意義を知る機会となりました。

(文責:21世紀懐徳堂 吉岡)

ドキュメントアクション
イベントカレンダー
前月へ
20174
次月へ
4月
1
34568
9101112131415
16171820
2425

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
リンク
  • 大阪大学全学サイト
  • (財)懐徳堂記念会バナー
  • 大阪大学総合学術博物館
>>すべて表示
大阪大学21世紀懐徳堂
〒560-0043
 大阪府豊中市待兼山町1-13 大阪大学会館1F
  TEL: 06-6850-6443
 FAX: 06-6850-6449