コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > ニュース一覧 > 2014 > ベーゼンドルファー1920 演奏とお話 vol.4 「ピアノの奥から響くもの:クルターグ「遊び」をめぐって」

ベーゼンドルファー1920 演奏とお話 vol.4 「ピアノの奥から響くもの:クルターグ「遊び」をめぐって」

開催4年目を迎える大阪大学21世紀懐徳堂のレクチャー・コンサート。今回は、大阪大学会館所蔵のベーゼンドルファー・ピアノが製造された時代(1920年代)・地域(中欧)に生まれた現代音楽作曲家クルターグの作品を取り上げます。
かつてクルターグのレッスンも受けた北住淳さんと、氏のパートナーである姫野真紀さんのピアノ演奏&お話とともに、音楽学者・伊東信宏教授によるレクチャーをお楽しみいただきます。

 

 ちらしのダウンロードはこちらから

開催概要

日時=2014年12月13日(土) (13:30開場)14:00開演-16:00終演

会場=大阪大学会館 講堂 (大阪府豊中市待兼山町1-13)

入場料=無料 (要事前申込/先着定員300名/全席自由/未就学児童入場不可)

※10月11日(土)8:30~12日(日)22:00までWEBメンテナンスのため、申込フォームによる参加申込を受付けることができません。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

申込方法=インターネット申込フォームもしくはFAXにてお申込みください。

FAXでのお申込みの場合、「ピアノの奥から響くもの」と記載の上、①ご本人のお名前(ふりがな) ②FAX番号 ③電話番号 ④ご年齢を明記してください。

※申込受付後、受付番号を返信します。当日、受付番号をご提示ください。

※ご入場は当日お並びいただいた順となります。

申込先FAX=06-6850-6449

申込締切=2014年12月10日(水)17:00

※先着順で定員に達し次第、締切とさせていただきます。

主催・問合せ=大阪大学21世紀懐徳堂 TEL.06-6850-6443 (平日9:00-17:00)

 

Introduction

 ジェルジ・クルターグKurtág György(1926年~)は、存命する作曲家の中で、最も本質的な音楽を書いた作曲家の一人です。ルーマニアの地方都市に、ハンガリー語を母語とするユダヤ系の家族に生まれ、冷戦中に東側では作曲家として知られるようになりますが、むしろめったに曲を書かないことで有名でした。

 『遊び』というピアノのための作品集は、そんな彼が日記のように書き続けていたものです。ピアノの初学者向けの曲集として出発しましたが、だんだんそういう制約を離れ、彼にとって一番親密な楽器で、一番内奥の秘密を書き付けた作品集へと成長していきます。五線の何本にもかぶってしまうような大きな黒丸で書き付けられた音符(ピアニストは手のひらでそのあたり一帯の音を弾かねばなりません)、符尾のない音符(だから長さがはっきりしません)、7つの音しかない曲、等々。一見無邪気で、単純に見える作品は、実はどこまでも奥があり、音楽のエッセンスへとつながってゆきます。

 今回の演奏会では、ブダペストでクルターグの室内楽のレッスンも受けられた北住淳さんに、 このクルターグの『遊び』を中心とする作品を取り上げて演奏していただき、そしてその作品へのアプローチについてお話していただきます。また北住さんのパートナーであり優れたピアニストである姫野真紀さんにも加わっていただき、連弾も聴きたいと思っています。

伊東信宏 

Program

クルターグ: 『遊び』より

花・人は/永久運動(見つけたもの)/チャイコフスキーへのオマージュ/うしがえるはまったり歩む

クルターグ編: 『マショーからバッハまで』より  他

※演奏曲目は都合により変更になる場合がございます。

 

Profile

20141213北住淳北住 淳 Atsushi Kitazumi ピアニスト/愛知県立芸術大学教授

三重県立津高等学校、東京藝術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。ハンガリー国立リスト音楽院に留学。帰国後、愛知県立芸術大学大学院修了。八重口敬子、福井直俊、伊達純、ペーター・ショイモシュ、宇都宮淑子の各氏に師事。第1回マルサラ国際ピアノコンクール、第36回ヴィオッティ国際コンクールにてディプロム受賞。津市文化奨励賞、三重県文化奨励賞受賞。1986年より現在までピアニスト、鍵盤楽器奏者、通奏低音奏者として多くのコンサートに出演。独奏リサイタル(津・四日市・名古屋・久留米)、協奏曲ソリスト、室内楽、声楽・合唱ピアニスト等、幅広い演奏活動をおこなっている。「トリオ・ミンストレル」のピアニストとしても活躍。またレクチャー講師、コンクール審査員等をつとめる。1993年より、愛知県立芸術大学音楽学部にて後進の指導にあたっており、現在同大学教授。

 

20141213姫野真紀姫野真紀 Maki Himeno ピアニスト

 奈良市出身。京都市立芸術大学を卒業、同大学大学院修了。在学中よりソロ、室内楽の演奏活動をおこなう。Holland Music Sessions、京都フランスアカデミー、浜松国際ピアノアカデミー等に参加。日本演奏連盟主催によるリサイタルをいずみホールにて開催。また大阪ザ・ フェニックスホールのエヴォリューションシリーズに選定され、コンサート「東欧幻想」を開催。岡田加津子、くりもとようこ、櫻井ゆかり各氏の作曲作品展で 新作初演をおこなう。ソロ・リサイタルの他、奈良にて「1コイン・コンサート」「聴くかたち 見える音」等のコンサートを開催。アンサンブル、室内楽、管弦楽器の伴奏等、幅広い活動をおこなっている。柴田翠、岩淵洋子、古川五己、田原富子、阿部裕 之、小坂圭太、北住淳、松村英臣の各氏に師事。

 

伊東氏伊東信宏 Nobuhiro Ito 音楽学者/大阪大学大学院文学研究科教授

1960年生まれ。大阪大学文学部卒業、同大学院で学んだ後、リスト音楽院客員研究員、大阪教育大学教育学部助教授等を経て、大阪大学大学院文学研究科教授。文学博士(大阪大学)。専門は東欧の音楽史、民族音楽学。著書に『バルトーク-民謡を「発見」した辺境の作曲家』(中公新書、1997年)、『中東欧音楽の回路-ロマ・クレズマー・20世紀の前衛』(岩波書店、2009年)等。また編著書に『ピアノはいつピアノになったか?』(大阪大学出版会、2007年)等がある。

 

大阪大学会館のベーゼンドルファー・ピアノとは

20140301ベーゼンドルファーウィーンの老舗メーカーによる1920年製の楽器。低音が4鍵多く、豊かに響き、少しだけレトロな中高音域の個性とあいまって、独特の魅力を持っています。2011年より大阪大学会館で使用されています。

 

 

 

 

ドキュメントアクション
イベントカレンダー
前月へ
20174
次月へ
4月
1
34568
9101112131415
16171820
2425

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
リンク
  • 大阪大学全学サイト
  • (財)懐徳堂記念会バナー
  • 大阪大学総合学術博物館
>>すべて表示
大阪大学21世紀懐徳堂
〒560-0043
 大阪府豊中市待兼山町1-13 大阪大学会館1F
  TEL: 06-6850-6443
 FAX: 06-6850-6449