コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報

イベント情報 RSS RSS

終了したイベント

シンポジウム「再生医療の社会科学」(STS Network Japanシンポジウム DeCoCiS共催)

 iPS細胞研究の急速な発達などにより、再生医療が注目を集めています。しかし、再生医療は現在までのところ学問的にも未知の部分が多く、また様々な社会問題の原因になる恐れも指摘されています。世界各国におい...

>>さらに詳しく
シンポジウム「再生医療の社会科学」(STS Network Japanシンポジウム DeCoCiS共催)

アフリカの教育と開発 ― 小学校就学の意味と価値

●日 時:2010年7月7日(水)16:30~ ●場 所:大阪大学人間科学研究科東館404講義室(吹田キャンパス) ●講 師:澤村信英教授(人間科学研究科グローバル人間学専攻) ●参 加:無料・...

>>さらに詳しく
アフリカの教育と開発 ― 小学校就学の意味と価値

シンポジウム「視覚メディアに描かれた「日本」/「アジア」女性の身体」

日本の近代以降、美術や映画、マンガ、大衆文化などの視覚メディアにおいて、アジアの女性の身体は、どのように描かれてきた、あるいは、描かれてこなかったのだろうか? アジアの女性身体の表象と、ナショナルアイ...

>>さらに詳しく
シンポジウム「視覚メディアに描かれた「日本」/「アジア」女性の身体」

ラウンドテーブル「流れ出るアート」場所とアートについての4人の発言、その先へ。~レクチャー&対話プログラム【ラボカフェ】

本シンポジウムでは、東京、十勝、別府など各地でプロジェクトを展開し、場所に根ざしたダイナミックなアートをいくつも生み出してきた芹沢高志さん、福岡でさまざまな展示を手がけ、同時代のアジア美術と1960年...

>>さらに詳しく
ラウンドテーブル「流れ出るアート」場所とアートについての4人の発言、その先へ。~レクチャー&対話プログラム【ラボカフェ】

第15回 研究者と実務者による国際協力勉強会(JICA大阪・民博・GLOCOL セミナー)

南アフリカのプレトリア大学からフセイン・ソロモン先生をお招きし、同国への国際協力が、持続的な経済発展と民主主義の確立のうえでどのような役割を果たしているかについてお話しいただきます。 英語講演、日本...

>>さらに詳しく
第15回 研究者と実務者による国際協力勉強会(JICA大阪・民博・GLOCOL セミナー)

2010年度夏季環境リスク公開セミナー(第2回)

大阪大学大学院工学研究科 「環境リスク管理学」プログラムでは、「環境リスク公開セミナー」を全4回開催します。2回目のテーマは「バイオ燃料生産と持続可能性」です。 ご関心のあるみなさまからのご参加を広...

>>さらに詳しく
2010年度夏季環境リスク公開セミナー(第2回)

大阪大学言語社会学会研究大会記念講演

大阪大学言語社会学会研究大会の記念講演として、ドフトエフスキーの研究者、翻訳家として著名な亀山郁夫東京外国語大学学長の講演会を行います...

>>さらに詳しく

第56回 GLOCOLセミナー 韓国における民間人の対人地雷被害問題

本セミナーでは、韓国における近年の民間人の対人地雷被害の実態と、被害者への国家賠償や軍事的に無価値な地域の地雷除去が十分に進まない現状を報告し、地雷被害の問題とその背景にある南北分断の実情、そして大国...

>>さらに詳しく
第56回 GLOCOLセミナー 韓国における民間人の対人地雷被害問題

イ号館リニューアル★キックオフイベント~イ号館で、毎日なんかやってます。

大阪大学最古の校舎にして国の登録有形文化財「イ号館」が今年8月から耐震改修工事に入り、来年4月のリニューアルオープンまで一時使えなくなります。休館になる前に、なんかハデにやらへん?ということで、21世...

>>さらに詳しく
イ号館リニューアル★キックオフイベント~イ号館で、毎日なんかやってます。

アフリカにおける紛争後復興の課題

アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)が2005年に打ち出した紛争後復興政策フレームワークの内容や、紛争後復興に関する研究成果などに言及しながら、そのあり方について考察します。(第55回...

>>さらに詳しく
アフリカにおける紛争後復興の課題

「コミュニケーション手段としての音楽の力」南米音楽の魂の脱植民地化作用について

自己表現や他者と対話する手段としての音楽の可能性についての「コンポジウム」です。コンポジウムとは、座談しながら演奏もする、シンポジウム+コンサートを表す造語です。学外からの一般参加も大歓迎!...

>>さらに詳しく
「コミュニケーション手段としての音楽の力」南米音楽の魂の脱植民地化作用について

2010年度夏季環境リスク公開セミナー(第1回)

大阪大学大学院工学研究科 「環境リスク管理学」プログラムでは、「環境リスク公開セミナー」を全4回開催します。1回目のテーマは「本当に魚は海と食卓から消えるのか」です。ご関心のあるみなさまからのご参加を...

>>さらに詳しく
2010年度夏季環境リスク公開セミナー(第1回)

映画を作ろう!ワークショップ―ご近所映画クラブ in 阪大―

「ご近所映画クラブ」は、参加者で相談をしながら【その場で!】映画をつくるワークショップです。所要時間は3時間程度。専門的な知識や技術がなくても参加できます。参加費無料、予約不要、途中入退場自由です。気...

>>さらに詳しく
映画を作ろう!ワークショップ―ご近所映画クラブ in 阪大―

「ブラジルから来たおじいちゃん」上映会+トークイベント「監督に聞こう!」

ドキュメンタリー映画「ブラジルから来たおじいちゃん」(2008、59分)の上映会ののち、監督の栗原奈名子さんを囲んで映画のあれこれや映画に託した思い、また若い人々へのメッセージ等伺います。入場無料、予...

>>さらに詳しく
「ブラジルから来たおじいちゃん」上映会+トークイベント「監督に聞こう!」

グローバルリーダーシップ・プログラム・特別講義「外交の現場からみたリーダーシップ」

駐ドイツ連邦共和国・特命全権大使である神余隆博招聘教授が「外交の現場からみたリーダーシップ」について、ご自身の経験に基づいた他では聞くことのできないお話を熱く語っていただく特別講義です。...

>>さらに詳しく
グローバルリーダーシップ・プログラム・特別講義「外交の現場からみたリーダーシップ」

「吹田の知 集結&発信」合同講演(4大学・1研究機関合同企画)

吹田市が平成22年4月1日に市制施行70周年を迎えたことを記念し、吹田市制施行70周年記念事業大学主催事業として、以下のとおり合同講演会を開催します。みなさまのご参加をお待ちしております。...

>>さらに詳しく
「吹田の知 集結&発信」合同講演(4大学・1研究機関合同企画)

大阪大学医学部 緒方洪庵生誕200周年記念事業「公開講座(学生対象)」いのちを見つめて

大阪大学医学部のみならず、大阪大学の原点は、緒方洪庵が開設した適塾にあります。今年は緒方洪庵生誕200周年にあたり、その生誕を記念して、学生を対象に公開講座を実施します。 (医学部生のみならず、他学部...

>>さらに詳しく
大阪大学医学部 緒方洪庵生誕200周年記念事業「公開講座(学生対象)」いのちを見つめて

第31回 大阪大学夏まつり(箕面キャンパス学園祭)が開催されます!

 大阪大学箕面キャンパスの学園祭である「夏まつり」は、旧大阪外大時代も含め、今年度で第31回目を迎えます。  夏まつりの大きな特徴となっているのは、外国語学部のキャンパスらしい国際色の豊かさと...

>>さらに詳しく
第31回 大阪大学夏まつり(箕面キャンパス学園祭)が開催されます!
条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
20178
次月へ
8月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索