コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2017年 > ハンダイ映像祭2017

イベント情報

ハンダイ映像祭2017

2010年、2011年に行われた「イシバシ・ハンダイ映画祭」、そして2011年に行われた「大阪大学80周年O+PUS映像コンテスト」が合体、2012年に新しく「ハンダイ映像祭」がスタートしました。そして2017年、今年も「ハンダイ映像祭」を実施いたします。 今回は、一般の部では10分程度以内、CMの部では2分程度の映像作品をそれぞれ募集し、上映会・表彰セレモニーを行うこととしました。みなさまのご参加を心からお待ちしています。

ハンダイ映像祭2017
カテゴリー
その他
日時
2017年11月19日(日) 14時00分から17時00分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
大阪大学会館1階 21世紀懐徳堂スタジオ(豊中キャンパス)
主催
大阪大学大学院文学研究科 アート・メディア論研究室
後援等
企画制作:「ハンダイ映像祭」実行委員会、監修:金水 敏(大阪大学文学研究科)、協力:大阪大学大学院文学研究科メディアラボ、大阪大学クリエイティブユニット、大阪大学21世紀懐徳堂
問い合わせ先
ハンダイ映像祭実行委員会
handaimf2017★gmail.com(★を@に変換してください)
https://www.facebook.com/Handaimf2014/

作品募集要項のページはこちら

一般の部では30分以内、CMの部では3分以内の映像作品をそれぞれ募集します。

 

ハンダイ映像祭2017の統一テーマは「チャーミング」。

「チャーミング」というのは、普遍的な用途を持ちながら、その意味合いは多様である。

容姿の可愛らしさ、魅力的な人柄はもちろん「あばたもえくぼ」のように主観的なポイントもあれば、短所がかえって放っておけなくさせるときもある。そもそもヒトを形容するとは限らない。臭いものは嗅ぎたい。顔を覆う指の隙間から、ホラー映画を覗き見たい。我々が「チャーミング」に囚われる様子は、実に様々だ。

我々は何かに惹きつけられるとき、その理由をしっかり分別できるだろうか。その理由は「チャーミング」に回収されるものだろうか。回収されないとしたら、そこには「チャーミング」を超える何かがあるのではないか。

あいまいとして、しかもそれ自体が魅力的である「チャーミング」という言葉に触発された作品はもちろん、テーマに縛られない作品もお待ちしています

 

 

 

 

 

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201712
次月へ
12月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索