コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2017年 > サイエンスカフェ@待兼山 No. 138:開発途上国の法づくりの支援~東ティモールの立法支援の経験から

イベント情報

サイエンスカフェ@待兼山 No. 138:開発途上国の法づくりの支援~東ティモールの立法支援の経験から

大阪大学総合学術博物館で、サイエンスカフェを楽しみませんか。コーヒーを片手にゆったりとした雰囲気で、「科学する」とはどういうことか、研究者とともに考えていきます。わかりやすい言葉で“科学”を語ることで、専門家と一般の方の間のコミュニケーション不全を少しでも改善したいと思っています。自然豊かな待兼山でアカデミックなひとときをお過ごしください。皆様のご参加をお待ちしています。お気軽にご参加ください。

サイエンスカフェ@待兼山 No. 138:開発途上国の法づくりの支援~東ティモールの立法支援の経験から
カテゴリー
その他
日時
2017年02月18日(土) 14時00分から15時30分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
総合学術博物館 待兼山修学館3階セミナー室
定員
30名
主催
大阪大学総合学術博物館
後援等
豊中市中央公民館
申し込み期限
2017年01月18日 23時55分
申し込み窓口
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/cgi-bin/cafe-2016-yoyaku_date.cgi
問い合わせ先
総合学術博物館事務部総務係
museum☆office.osaka-u.ac.jp(☆→@に変換)
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/2016-10-24-10964/

No. 138:開発途上国の法づくりの支援~東ティモールの立法支援の経験から

コーディネーター:仁木 恒夫(法学研究科)

実施日:2017年2月18日(土)14:00~15:30

対象:高校生以上

内容:

開発途上国に対する政府開発援助というと、道路、鉄道、港湾、発電所などの建設が目につきます。それは現地の人々にとって非常に重要な経済基盤の整備です。しかし開発援助は、それ以外にも現地の人材育成や技術向上をはかる支援があります。今回のサイエンスカフェでは、その一つである「法整備支援」という活動について、東ティモールの経験を手がかりにお話します。東ティモールは、今世紀に入ってから独立した若い国です。東ティモールの人々が、どのように、なぜ「法の支配」確立しようとしているのか、そこに日本による法整備支援はどのようにかかわっていこうとしているのか、、、話題を提供し、皆さんと対話ができればと思っております。

お申し込みはこちらから

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
20175
次月へ
5月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索