コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2017年 > 市民公開シンポジウム「ゲノム社会の現在(いま)、そして未来-ゲノムデータをどう活かすか-」

イベント情報

市民公開シンポジウム「ゲノム社会の現在(いま)、そして未来-ゲノムデータをどう活かすか-」

我々にとって身近なものになりつつあるゲノム情報がどう解釈され利用されているのか、 またそのことが遺伝差別などの不利益をもたらすことになるのかをテーマに開催します。

市民公開シンポジウム「ゲノム社会の現在(いま)、そして未来-ゲノムデータをどう活かすか-」
カテゴリー
医療・健康
日時
2017年10月09日(月) 15時00分から17時30分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
グランフロント大阪 北館タワーB 10階
主催
文部科学省科学研究費新学術療育研究「先進ゲノム支援」、ゲノム科学と社会ユニット
問い合わせ先
加藤和人(社会医学講座・医の倫理と公共政策学分野)
info★eth.med.osaka-u.ac.jp[★を@に変えて下さい]
http://ethpol.org/seminar/20171009/

【講演1】 
「ゲノム情報と遺伝統計学―ゲノム情報をどうやって解釈するか―」
岡田 随象(大阪大学大学院 医学系研究科)

【講演2】 
「遺伝情報に基づく差別とは何か?―遺伝子格差社会が到来するのか?―」
瀬戸山 晃一(京都府立医科大学大学院 医学研究科)

【パネルディスカッション】
指定発言:
武藤 香織(東京大学医科学研究所)

パネリスト:
杉江 達也(文部科学省研究推進局ライフサイエンス課)
黒川 顕(国立遺伝学研究所)
岡田 随象(大阪大学大学院医学系研究科)
瀬戸山 晃一(京都府立医科大学大学院医学研究科)

座長:
吉澤 剛(大阪大学大学院医学系研究科)


 ※参加登録、詳細は以下のURLをご参照ください。 
http://ethpol.org/seminar/20171009/

【連絡先】 加藤和人(社会医学講座・医の倫理と公共政策学分野)
  Email:  info★eth.med.osaka-u.ac.jp[★を@に変えて下さい]

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201710
次月へ
10月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索