コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2017年 > 高校生のための分子生物学実習「ジャイアントインパクト」 -学びを生きる力に変える 科学的キャリア教育-

イベント情報

高校生のための分子生物学実習「ジャイアントインパクト」 -学びを生きる力に変える 科学的キャリア教育-

本実習は20年前から始まった日本最古の高大連携教育で、高校生から大学生・院生までを教育する総合的な教育システムです。この公開講座では、遺伝子組換実験を通じて純粋に実験や思考を楽しみ、科学の基礎基本をしっかり学びます。また、日本で唯一の科学的キャリア教育であり、求めるものは生きる力(zest for living)です。「いかにすれば学びを生きる力に変えることができるのか」という教育の本丸に迫ります。本実習の命は、日本一の学生チューターです。きらきら輝き生きる力に溢れた大学生院生と共に最後まで真摯な姿勢で一生懸命思考する高校生。「なぜ、彼らは苦難から逃げずに学び続けたのか?思考と闘ったのか?」これが「生きる力のキャッチボール」です。

高校生のための分子生物学実習「ジャイアントインパクト」 -学びを生きる力に変える 科学的キャリア教育-
カテゴリー
科学・技術
日時
2017年08月25日(金)から2017年08月27日(日)
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
理学部本館2階 生物科学科 学生実習室 
定員
約30名
主催
理学研究科 生物科学専攻
申し込み期限
2017年08月08日
問い合わせ先
理学研究科 生物科学専攻 吉本和夫(実習実施主担)
yosimoto☆bio.sci.osaka-u.ac.jp(☆→@に変換)
http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/ugrad/open/lecture.html

2017年8月25日(金)~27日(日)及び12月27日(水)~29日(金)に、豊中キャンパス理学部本館において、理学研究科生物科学専攻の主催により、「高校生のための分子生物学実習「ジャイアントインパクト」」を開催します。 

夏期また冬期休暇中に3日間の日程で、大腸菌を用いた遺伝子操作実験や電子顕微鏡実習を行うことにより、生命科学研究の魅力に触れ、実験や思考の楽しさを味わう。
また、問題発見能力・問題解決能力など科学の世界の社会人基礎力を与え、「今何のために勉強しているのか?研究するのか?」を考えることで「学びを生きる力に変える科学的キャリア教育」です。

 

 ○受講料は、9,500円です。事前に申し込みが必要です。
 ○詳細は、以下のURLをご確認ください。
http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/ugrad/open/lecture.html

 ○受講対象者は、高校生および高校教員です。実習に先立って別日に事前学習授業がありま す。

 

 

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201710
次月へ
10月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索