コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2017年 > 東欧ユダヤ人の音楽「クレズマー」をめぐる対話 クレズマティックスの設立者フランク・ロンドン氏を迎えて

イベント情報

東欧ユダヤ人の音楽「クレズマー」をめぐる対話 クレズマティックスの設立者フランク・ロンドン氏を迎えて

リヴァイヴァルから30年を経た今日もなお、新たな展開を見せつづける音楽「クレズマー」。この音楽が過去から現在を経て未来に向かっていく様子について、リヴァイヴァルの第一人者フランク・ロンドン氏に、生の声で語っていただくと同時に、現在進行形のその音を体験する機会を、東京と関西の各地でもうけます。

東欧ユダヤ人の音楽「クレズマー」をめぐる対話 クレズマティックスの設立者フランク・ロンドン氏を迎えて
カテゴリー
文化・芸術
日時
2017年05月16日(火) 16時00分から20時30分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ(大阪大学会館1階)
主催
大阪大学大学院文学研究科ドイツ文学研究室
後援等
共同主催:科研挑戦的萌芽研究「「演歌型」大衆音楽の国際比較研究:東欧とアジアを中心に」(代表者:伊東信宏、研究課題番号:16K13164)
問い合わせ先
大阪大学大学院文学研究科ドイツ文学研究室
german@let.osaka-u.ac.jp

 

「クレズマーの魅力を体験する ーフランク・ロンドン氏を迎えて」

 【プログラム】

16:00  開場(これ以降の出入りは自由)

16:20〜17:50 ロンドン氏のレクチャー

18:40〜19:00 プレトーク:C.H.A.R(凡どどラジオパーソナリティー)+黒田晴之

19:00〜20:30 コンサート with ジンタらムータ ※第1部:スタンダード/第2部:オリジナル

 


フランク・ロンドン/FRANK LONDON(trumpet, composer)

1980年代以降、世界的に話題となった東欧ユダヤ系民衆音楽クレズマー(Klezmer)リヴァイヴァルの代表的なバンド・クレズマティックス(The Klezmatics)の設立メンバーで、現代クレズマー最重要人物の一人。クレズマティックスは、数あるリバイバルバンドの中でも、他ジャンルとのミクスチャーへの意欲的アプローチ、性的少数者との連帯等、80年代NYダウンタウンシーンの出自ならではの傑出した越境的ダイナミズムで知られ、ウディ・ガスリーをテーマにした2006年の“Wonder Wheel” でグラミー賞を受賞。また自らのプロジェクトKlezmer Brass Allstars, Hasidie New Waveの他、最近はハンガリーのフォーク音楽とも交流を深めGlass House Orchestra設立、伝説的グループMuzsikásとも共演し、ハンガリー政府から勲章を授与された。オープンな人柄と大胆で自由な音楽性が愛され、クレズマーにとどまらず、ワールドブラスの仕掛け人としても大活躍。共演相手はジョン・ゾーン、レスター・ボウイ、ラモンテ・ヤング、デビッド・バーン、マーク・リボー、ベン・フォールズ5、ガル・コスタ等多数。

 

ジンタらムータ/Jinta-la-Mvta www.cicala-mvta.com

シカラムータのリーダー・大熊ワタル(clarinet, ete)、こぐれみわぞう(チンドン太鼓、vo)を中心とするユニット。80年代末からクレズマーに触発され、バルカン音楽等、世界の街頭音楽とチンドンのハイブリッドに貪欲に挑んでいる。2015年ニューヨーク最古のイディッシュ(東欧ユダヤ文化)劇場の100周年祭Kulturfest NYCに、非ユダヤ系・アジアから唯一参加し熱狂的に迎えられた。2016年はドイツのユダヤ映画祭、カナダのKlezKanada、アシュケナージ・フェスティバル(北米最大級のクレズマーフェス)にも招聘され、いずれも大好評を博した。

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
201711
次月へ
11月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索