コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2017年 > 公開ワークショップ:大学のグローバル化に何が必要?

イベント情報

公開ワークショップ:大学のグローバル化に何が必要?

これまで、大阪大学アジア人材育成研究教育拠点(CAREN)は、アジアを中心とした協定大学とダブル・ディグリー・プログラムを締結するなど大阪大学の国際化に向けて尽力してきました。本シンポジウムでは改めて大学のグローバル化のために何が必要か、学内・学外から識者を招き、議論をしたいと思います。 みなさまの奮ってのご参加をお待ちししております。

公開ワークショップ:大学のグローバル化に何が必要?
カテゴリー
教育・学校
日時
2017年03月28日(火) 10時00分から12時30分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
大阪大学図書館6階ホール(豊中キャンパス)
定員
80名
主催
大阪大学アジア人材育成研究教育拠点(CAREN)
問い合わせ先
工学研究科国際交流推進センター CAREN事務局
contact☆caren.eng.osaka-u.ac.jp(☆→@に変換)
http://caren.eng.osaka-u.ac.jp/workshop201703/

これまで、大阪大学アジア人材育成研究教育拠点(CAREN)は、アジアを中心とした協定大学とダブル・ディグリー・プログラムを締結するなど大阪大学の国際化に向けて尽力してきました。

本シンポジウムでは改めて大学のグローバル化のために何が必要か、学内・学外から識者を招き、議論をしたいと思います(当日のプログラムは下記の通り)
 

みなさまの奮ってのご参加をお待ちししております。

(事前登録不要・参加自由) 

 

はじめに:大阪大学のスーパーグローバル大学化に向けて

 大阪大学 理事・副学長 山中 伸介 教授

1. 大学の国際化と英語力の強化はどのように? 

 横浜市立大学のpractical english programについて 

            岡田公夫 教授 (横浜市立大学)

 近畿大学の英語村e-cubeについて  

            北爪佐知子 教授 (近畿大学英語村村長)

 大阪大学の船舶海洋工学における大学院の英語講義  

            柏木正 教授 (大阪大学工学研究科)

2. 国際的に開かれた教育 (グローバルキャンパス)とは?

 立命館大学のキャンパスアジアプログラム(日中韓共同運営 移動キャンパス)

            上野隆三 教授 (立命館大学文学部)

 大阪大学の東南アジアキャンパス構想  

            平田収正 教授 (大阪大学薬学研究科)

 大阪大学医学研究科のキャンパスアジアプログラムについて

             磯博康 教授 (大阪大学医学研究科)

3. 総合討論:大学の国際化には何が必要か?

 長谷川和彦 教授 (大阪大学工学研究科)
 司会  金澤 浩 (CAREN 特任教授)

おわりに:CAREN プログラムについて

田中 敏宏 教授  (CAREN 代表,  大阪大学工学研究科長)

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
20176
次月へ
6月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索