コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

講演、講座、カフェなどの実施を通じて、大学が市民の"学び"をお手伝いします。

ホーム > イベント情報 > 2014年 > レクチャー・コンサート 「アンサンブル・ラロ:ハプスブルクと室内楽」

イベント情報

レクチャー・コンサート 「アンサンブル・ラロ:ハプスブルクと室内楽」

大阪大学文学研究科は昨年度より、アート・マネジメント人材育成プログラム<声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声>芸術祭Ⅱを実施しています。 レクチャー・コンサート「アンサンブル・ラロ:ハプスブルクと室内楽」は当芸術祭の一環として開催され、公募によって選ばれた市民の皆さんが、フェスティバル・フェローとして事業の企画・実施・運営を行っています。

レクチャー・コンサート 「アンサンブル・ラロ:ハプスブルクと室内楽」
カテゴリー
文化・芸術
日時
2014年10月01日(水) 19時00分から21時00分
カレンダーに取り込み [ vCal iCal]
会場
中之島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール(大阪市北区中之島4-3-53)
定員
先着150名 (未就学児童入場不可)(無料 (要事前申込/全席自由))
主催
大阪大学大学院文学研究科
後援等
共催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター、大阪大学大学院国際公共政策研究科、大阪大学総合学術博物館 協力:あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール、大阪大学21世紀懐徳堂 助成:平成26年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」「劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」
申し込み期限
2014年09月23日 20時00分
問い合わせ先
大阪大学文学研究科アート・フェスティバル人材育成事業事務局
concert1001@gmail.com
「ハプスブルク周縁の響き」をテーマとした昨年度のピアノ演奏からの発展形として、今年は世界的にも注目を集めているピアノ四重奏団アンサンブル・ラロを招き、レクチャーと室内楽による演奏会をお届けします。
 アンサンブル・ラロはオーストリア、ラトヴィア、ロシア、ルーマニア出身の若手音楽家から成るアンサンブルで、まさに帝都ウィーンの文化の拡がりを体現するような存在です。彼らの響きが様々な異質なざわめきの混合物として出来上がっているとすれば、それはまさしく「ウィーン的」だと言えると思います。しかし、「室内楽」というのは均質な楽器群が作り出すホモフォニックな藝術、という面も持っていました。「ハプスブルクの室内楽」というのは、そのような異質と均質のバランスが生み出す矛盾に満ちた音楽だった、と言えます。

 今回の演奏会ではそんな観点からのお話、そしてアンサンブル・ラロのメンバーであり、ウィーン・フィルのチェロ奏者としても活躍する、ヘーデンボルク・直樹さんのトークもまじえて、シューベルト、マーラー、そしてドヴォルザークというハプスブルクの作曲家たちの室内楽を辿ります。

♪チラシはこちらから♪

-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴--∴-∵-∴-

※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

日時:10月1日(水) 19:00開演 (18:30開場)

会場: 大阪大学中之島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール (大阪市北区中之島4-3-53)

申込方法: 特設HP内の申込フォーム、もしくはEメール<concert1001@gmail.com>にてお申込みください。

※Eメールでのお申込みの場合、件名を「ハプスブルクと室内楽」とし、①氏名(複数人でのお申込みの場合は代表者の方のみ) ②電話番号 ③参加人数を明記してください。
※申込締切: 9月23日(火)20:00まで
※先着順で定員に達し次第、締切とさせていただきます。
 
※当日17:30 (開演の1時間半前)より入場整理券をお配りいたします。お申込みいただきましたお客様は、必ず入場整理券を受け取ってからご入場ください。

 

プログラム

シューベルト: 弦楽三重奏曲第1番 変ロ長調 D471

F. Schubert: String Trio No.1 in B flat major, D471

マーラー: ピアノ四重奏曲断章 イ短調

G. Mahler: Fragment eines Klavierquartettsatz

ドヴォルザーク: ピアノ四重奏曲 第1番 ニ長調 op.23

A. Dvořák: Piano Quartet No.1 D major, Op.23

(演奏曲目は都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。)

 

出演者プロフィール

20141001アンサンブル・ラロアンサンブル・ラロ Ensemble Raro

ピアノ四重奏団を核とした、若手音楽家を交えて構成される室内合奏団。ヨーロッパにおける室内楽の豊かな伝統と、革新的なアプローチを結合することを目指している。2004年に結成以来、ヨーロッパ各地の音楽祭を中心に活躍し、大成功を収めている。なかでもバイエルン・ラジオにより収録された演奏はNHKほか、世界各地で放送された。2009年にはウィーン・コンツェルトハウス、2010年にカーネギーホール等にも招聘され、高い評価を得た。http://www.ensembleraro.com/

20140301伊東教授伊東信宏 Nobuhiro Ito

1960年京都市生まれ。大阪大学文学部卒業、同大学院博士課程単位取得退学。リスト音楽院客員研究員、大阪教育大学教育学部助教授などを経て、2010年より大阪大学大学院教授。文学博士(大阪大学)。専門は東欧の音楽史、民族音楽学。

 

条件を指定してイベント検索
カテゴリー
イベントカレンダー
前月へ
20186
次月へ
6月

カレンダーの背景色が濃いほうがイベント数が多い日です。

  • 大阪大学シンポジウム
  • 大阪大学公開講座
  • H-A中之島塾(申込み受付中)
  • i-spot講座バナー
  • 大阪・京都文化講座バナー
  • アカデミクッキングバナー
  • ラボカフェバナー
  • 【「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組】(タッキー816 みのおFMにて第2木曜15~16時放送)
  • 阪大音大ジョイント企画バナー
  • メールマガジン登録
  • アウトリーチweb
キーワードでイベント検索